シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

Cisco IOS® ソフトウェアを実行している Cisco Catalyst スイッチに「%ETHCNTR-3-LOOP_BACK_DETECTED」エラー メッセージが表示される

主な問題

エラー メッセージ、「%ETHCNTR-3-LOOP_BACK_DETECTED:loop-back  detected」(%ETHCNTR-3-LOOP_BACK_DETECTED:ループバックが検出されました)は syslog  に記録されます。また、手動設定を行わなければ、問題のインターフェイスが管理上ダウン状態となります。

この問題は、次のいずれかの状態にある Cisco Catalyst 2940/2950/2950-LRE/2955/2970/3550/3560/3750 スイッチおよびその他の固定構成 Catalyst スイッチで発生する可能性があります。

  • 正しくないケーブルが誤ってポートに接続されている。
  • キープアライブ パケットが送信元のポートにループバックされている。

対処方法

正しくない種類のケーブルが接続されていても、ループバック状態が望ましい場合は、アクションは不要です。

それ以外の場合は、正しいケーブルを接続します。インターフェイス コンフィギュレーション モードから no shutdown コマンドを発行して、ポートを起動します。

キープアライブ パケットが送信元のポートにループバックされている場合は、no keepalive インターフェイス コマンドを発行してキープアライブを無効にします。これにより、ポートが無効になることを防止します。

キープアライブ パケットは、銅インターフェイスでのバラン検出に使用され、すべてのインターフェイスにおいてデフォルトで有効になっています。

ファイバ インターフェイスでキープアライブを無効にすると、ネットワークの一部をダウンさせる一時的なループの可能性が低くなります。

この問題は報告済みであり、キープアライブは、デフォルトで 12.2x SE コードから無効化されます。

この問題は、Cisco Bug ID CSCea46385 として文書化されています。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

DOC-3876

4684
閲覧回数
0
いいね!
0
コメント