シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

CRS-1 Turboboot の手順

CRS-1 のシステムを立ち上がる時間が結構かかります。
検証に時間を有効するため、
Turbobootを使用方法があります。

下記TurboBoot の参考例の設定になります。

ACTIVE RPとなる側

rommon B17 > set
DEFAULT_GATEWAY=a.b.c.d
IP_ADDRESS=a.b.c.d
IP_SUBNET_MASK=255.255.0.0
TURBOBOOT=on,disk0,format
rommon B18 > boot tftp://a.b.c.d/XR3.3.2/comp-hfr-mini.vm-3.3.2

Standby RPとなる側

B1 > set rommon
B2 > unset DEFAULT_GATEWAY rommon
B3 > unset TURBOBOOT rommon
B4 > unset IP_SUBNET_MASK rommon
B5 > unset TFTP_SERVER rommon
B6 > unset TFTP_FILE rommon
B7 > unset IP_ADDRESS rommon
B9 > sync rommon
B11 > confreg 0x2 You must reset or power cycle for new config to  take effect  rommon
B12 > reset

1136
閲覧回数
0
いいね!
0
コメント