キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

DEBUG時にCPU負荷を下げる方法

トラブルシューティングを行う際に、各種のDEBUGが必要となる場合が多々あります。

一般的に、DEBUGはCPUが行うため、CPUの負荷が一時的に上昇する場合があり、この事が嫌われDEBUGが行われないという事もよく耳にします。

DEBUGを行う際に、CPUの負荷を抑える方法として、一時的にコンソールロギングを止めるという方法があります。

以下を設定する事で、コンソールロギングを無効にする事ができます。

no logging console

DEBUG出力はバッファにロギングされるので、以下のコマンドで、バッファロギングのサイズを指定します。

logging buffered <Logging buffer size>