シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

HWIC-4ESWの制限事項

HWIC-4ESWには幾つかの制限事項があります。

配下にPCを接続するなどWANに対するコネクションを複数の機器に対して提供するような

簡単な用途で使用する限りでは問題ないのですが、一部のプロトコルの機能は正しく動作しない

ものがあります。

既知の制限事項には以下のものがあります。


  • STPのblockingポートで受信したBPDUのmac addressを学習してしまう

      この問題はCSCsj36324として報告されており、特定のトポロジーではmacアドレスのフラッピングが発生します。


  • vlan-bridgeのBPDUを透過しない

     この問題はCSCec84324として報告されています。

HWIC-4ESWを用い、かつ、vlan-bridgeで複数の領域をbridgingしようとするとそれらが分断されてしまいます。


  • DLSw+、及び、DLSw ethernet redundancyをサポートしない

この問題はCSCee87366として報告されています。

以下のドキュメントに回避策がまとめてあります(英文となります)。

Ethernet Switch Network Module Restrictions for DLSW /DLSW Ethernet Redundancy

HWIC-4ESW特有の問題があるのか見極める指針としては、ルータに始めから実装されているポート、

また可能であれば他のスイッチモジュールを使用して同じ試験をしてみると良いと思います。

不明な点がある場合はTACにお問い合わせ下さい。

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎07-10-2010 04:59 PM
更新者:
 
ラベル(1)
タグ(2)
コメント
New Member
Cisco Employee

亀レスで申し訳ありません。

個人的な印象ではWAN接続にはお勧めできないと思っています。

あくまでもSW用のモジュールとして使い、SVI にIPアドレスを割り当てて死活監視するなどといった簡単なもの以外のL3の機能は動かさないのがよいと思います。

個別のケースに関して動作が不明な点がありましたら、お手数ですがその都度SRにして頂くのがよいと思います。

よろしくお願いします。

New Member

応答有難うございます

Branch用のLAN-segが主な接続箇所の理解はあるのですが

標準ポートが空いていない場合

実際にはSVIにてHSRP+Dynamic-routingで冗長したり、

急遽LAN Network間を繋げる要件が必然とでてきます。

マニュアルにはその辺りの使用制限は記載されていない為

Edge-portとして使用するだけにしなければならないのか?

ある程度はL3SWの代わりとして使用してもよいのか?

の判断となると考えています。