シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

IPv6 の static route について

IPv6 の static route の動作は IOS version によって違いがあります。

以前の IOS では ipv6 の static route の nexthop は default route で解決することができました。

ですが、以下のどちらかの修正を含む IOS version では、IPv6 の static route の nexthop が default route で解決できなくなりました。

これは IPv4 の static route と動作を合わせるためです。

この動作の違いには以下の修正が関係しています。

CSCte66460    different behavior between static ipv4 and ipv6 routes

CSCtj29754    IPv6 static routes cannot be installed in the routing table

以下に上記の修正を含まない IOS の動作の具体例を示します。

まず Interface に IPv6 address を設定し、その Interface 向けに default route を設定します。

Router#conf t

Enter configuration commands, one per line.  End with CNTL/Z. 

Router(config)#interface Ethernet 0/0

Router(config-if)#ipv6 address 2001:192:168:1::1/64

Router(config-if)#exit

Router(config)#ipv6 route ::/0 Ethernet 0/0

この時点でのルーティングテーブルは以下のようになります。

Router(config)#do show ipv6 route

IPv6 Routing Table - Default - 4 entries

Codes: C - Connected, L - Local, S - Static, U - Per-user Static route

       B - BGP, M - MIPv6, R - RIP, I1 - ISIS L1

       I2 - ISIS L2, IA - ISIS interarea, IS - ISIS summary, D - EIGRP

       EX - EIGRP external

       O - OSPF Intra, OI - OSPF Inter, OE1 - OSPF ext 1, OE2 - OSPF ext 2

       ON1 - OSPF NSSA ext 1, ON2 - OSPF NSSA ext 2

S   ::/0 [1/0]

     via Ethernet0/0, directly connected

C   2001:192:168:1::/64 [0/0]

     via Ethernet0/0, directly connected

L   2001:192:168:1::1/128 [0/0]

     via Ethernet0/0, receive

L   FF00::/8 [0/0]

     via Null0, receive

この状態で適当な IPv6 の static route を設定します。

Router(config)#ipv6 route 2001:100:100:100::/64 2001:200:200:200::200

static route の nexthop である 2001:200:200:200:200 は default route ::/0 によって解決され、

2001:100:100:100::/64 は以下のようにルーティングテーブルに載ります。(赤字部分)

Router(config)#do show ipv6 route

IPv6 Routing Table - Default - 5 entries

Codes: C - Connected, L - Local, S - Static, U - Per-user Static route

       B - BGP, M - MIPv6, R - RIP, I1 - ISIS L1

       I2 - ISIS L2, IA - ISIS interarea, IS - ISIS summary, D - EIGRP

       EX - EIGRP external

       O - OSPF Intra, OI - OSPF Inter, OE1 - OSPF ext 1, OE2 - OSPF ext 2

       ON1 - OSPF NSSA ext 1, ON2 - OSPF NSSA ext 2

S   ::/0 [1/0]

     via Ethernet0/0, directly connected

S   2001:100:100:100::/64 [1/0]

     via 2001:200:200:200::200

C   2001:192:168:1::/64 [0/0]

     via Ethernet0/0, directly connected

L   2001:192:168:1::1/128 [0/0]

     via Ethernet0/0, receive

L   FF00::/8 [0/0]

     via Null0, receive

CSCte66460CSCtj29754 の修正を含む IOS version では上記のような設定を行っても、2001:100:100:100::/64 はルーティングテーブルには載りません。これは static route の nexthop が default route では解決されないように動作が変更されたためです。

上記でも述べましたが、この動作変更は IPv4 の static route の動作に合わせるためです。

CSCte66460CSCtj29754 の修正を含む IOS version で、以前の動作に変更したい場合は以下の設定を行ってください。

Router(config)#ipv6 route static resolve default

この設定を行うことで IPv6 の static route の nexthop は default route で解決されるようになります。

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎12-28-2012 08:57 PM
更新者:
 
ラベル(1)