シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

LISPの基本 その1:概要

LISPをご紹介いたします。

LISPはLocator Identity Separation Protocolの略です。
ホスト(端末)がいるLANとISPが管理するようなWANとを別々のIPアドレスで構成しています。
ホストがWANのどこにいるかを紐づけた管理情報があります。

下記も合わせてご参照ください。
LISPの基本 その2:基本設定
LISPの基本 その3:トラブルシュートに使うコマンド


LISPの用語

LISPでは独特の用語が登場します。

EID (Endpoint Identifier)
ホストのIPアドレス。

RLOC (Routing Locator)
WANに面したLISPを有効のルータのIPアドレス。

ITR(Ingress Tunnel Router)
LANからWANへの入口ルータ。
EIDとRLOCの紐づけ(Mapping)を問い合わせます。(Map-Request)
LISPでカプセル化を行いWANへ送信します。

ETR(Egress Tunnel Router)
WANからLANへの出口ルータ。
EIDとRLOCのMappingをMap-serverに登録します。(Map-Register)
LISPのカプセル化を解除してLANへ送信します。
Map-Requestに応じてMap-Replyを返します。

xTR
ITR/ETRの両方の役割を担います。
基本的にITRとETRを分けることはなくxTRで運用されます。
LISP siteのエッジルータとなります。
MS/MRと同居可能です。

PxTR(Proxy xTR)
LISPサイトとnon-LISPサイト間の通信を担います。
LISPサイトとnon-LISPサイト間の通信はNATを利用することでも対応可能です。
ここでは取り上げません。

MS/MR(Map-Server/Map-Resolver)
MSとMRを別々の機器にすることも可能ではあります。
MSはMap-Registerを受信してEIDとRLOCのMappingを管理します。
MRはMap-Requestを受信してMSへ転送します。


EIDとRLOCのMapping

ここではノートPC側をITR、サーバ側をETRとします。
ETRからMS/MRへMap-Registerを送信しMS/MRにEIDとRLOCの紐づけを登録します。
MS/MRはEIDがどこのLISP site(RLOC)にあるのかを知っています。


ノートPCからサーバへ通信を行う際に、
ITRはサーバのIPアドレス(EID)がどこのETR(RLOC)にいるのかMap-RequestでMS/MRへ問い合わせをします。
ITRはキャッシュを持ちますので次回の通信ではMap-Requestしないこともあります。


MS/MRはITRからのMap-Requestを受けてサーバのEIDがいるETRへMap-Requestを送信します。


ETRはMS/MRからのMap-Requestを受信してITRへMap-Replyを送信します。
ITRはETRからのMap-Replyを受け取ってサーバがどこにいるのかを把握します。
ITRはサーバのEIDとRLOCのMappingを知りえることになります。


LISPパケットと通信

ITRは前述のように宛先のEIDがどのRLOCに紐づくかを把握します。
そのMappingに基づいてITRやETRは外側ヘッダやLISPヘッダをつけてカプセル化したり解除したりして通信します。

流れを簡単に見てみると下記のようになります。

ITRはノートPCからのサーバEID宛てパケットを受け取ります。
ITRはEIDとRLOCのMapping情報から外側のヘッダとLISPヘッダでカプセル化します。

青いRLOC網内は外側ヘッダのIPアドレスを使ってルーティングされます。
ETRにパケットが到着します。

ETRは到着後に外側ヘッダとLISPヘッダを解除します。
内側ヘッダのアドレスつまりはEIDでルーティングしてサーバに到着します。

 

詳しくはLISPのRFC6830をご参照頂くとよいでしょう。
パケットフォーマットも詳しく記載があります。

以上、その1でした。

バージョン履歴
改訂番号
2/2
最終更新:
‎08-31-2017 06:33 PM
更新者:
 
ラベル(1)
寄稿者:
タグ(1)