キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

logging buffer のサイズを調整する際の注意点

logging buffer <size> コマンドにより、logging size を調整する場合、Processor Pool からbuffer の割当が行われますので、設定を行う前に、show process memory などのコマンドで、Processor Pool の free size を御確認いただくことをお勧めします。free size が少ないのに対し、logging buffer を大きい値に設定してしまうと、システムの正常動作に影響を与えることがございます。

以下、簡単に試験した結果を記述いたします。

試験構成

VS-S720-10G / 12.2(33)SXI6

試験ログ

VSS#sh processes memory | i Used

Processor Pool Total:  908720528 Used:  118514636 Free:  790205892

      I/O Pool Total:   67108864 Used:   25189592 Free:   41919272

VSS#

VSS#conf t

Enter configuration commands, one per line.  End with CNTL/Z.

VSS(config)#logging buffered 10000000

VSS(config)#end

VSS#

VSS#sh processes memory | i Used

Processor Pool Total:  908720528 Used:  128514936 Free:  780205592

      I/O Pool Total:   67108864 Used:   25189592 Free:   41919272

VSS#

試験結果

logging buffered 10000000 を設定することにより、Processor Pool の Used が 10000000 増加していることがわかります。