シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

Next Hop に Interface のみを記載したスタティックルートを使用した場合の注意

以下のようにスタティックルートの Next Hop に Interface のみを指定する場合、大量の ARP Request が発生する可能性があります。

Router(config)#ip route 0.0.0.0 0.0.0.0 FastEthernet 8


上記のように Next Hop に Interface のみを指定すると、その経路は以下のように directly connected として認識されます。

Router#show ip route
--- snip ---
S*    0.0.0.0/0 is directly connected, FastEthernet8
--- snip ---


directly connected と認識されると、その経路は Interface に直結されたネットワークと認識されるため、実際にはルータと同じサブネットにない宛先へのパケットでも ARP を解決しようと試みます。
例えば、FastEthernet8 のネットワークが 192.168.1.0/24 だとしても、100.100.100.100 のような宛先のパケットが上記スタティックルートを参照すると directly connected と認識されているため、192.168.1.0/24 のネットワークではありませんが 100.100.100.100 の ARP を解決しようとします。
そのため、様々な宛先へのパケットが上記スタティックルートを参照すると大量の ARP Request が発生することになります。
その結果、以下のように ARP 関連のプロセスが CPU、メモリのリソースを多く消費することになります。

Router#show processes cpu sorted | ex 0.0
CPU utilization for five seconds: 40%/0%; one minute: 32%; five minutes: 32%
PID Runtime(ms)     Invoked      uSecs   5Sec   1Min   5Min TTY Process
188   167308164     1366379     122450 31.03% 28.15% 27.99%   0 ADJ background

Router#show processes memory sorted
Processor Pool Total: 321574376 Used: 319960220 Free: 1614156
      I/O Pool Total: 28233408 Used: 17313520 Free: 10919888
   Reserve Pool Total: 262144   Used: 101144   Free: 161000
PID TTY  Allocated      Freed    Holding    Getbufs    Retbufs Process
145   0  340386012   32480012  130714088          0          0 IP ARP Adjacency



以下のように Next Hop に Interface と IP Address を併記して頂ければ、directly connected と認識されないため、この問題は発生しません。

Router(config)#ip route 0.0.0.0 0.0.0.0 FastEthernet 8 192.168.1.2


以下は上記のスタティックルートを使用した際のルーティングテーブルです。
directly connected ではないことが確認できます。

Router#show ip route
--- snip ---
S*    0.0.0.0/0 [1/0] via 192.168.1.2, FastEthernet8
--- snip ---

89
閲覧回数
0
いいね!
0
コメント