キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

NSO: ライセンス、及びスマートライセンスの有効化

 

ライセンシング

NSO 4.2 以降を使用する場合、本番環境(現局、Production環境)、又は試験環境に関わらず、それらに必要なライセンスをご購入頂き、有効化して頂く必要があります。

(NSO 4.0, NSO 4.1 では、ライセンスをご購入頂く必要はありますが、NSOへの登録作業は必要ありません。)

NSO では、スマートライセンスを使用します。スマートライセンスとは、従来のライセンシング方法(弊社よりライセンスコードを提供し、製品へ入力)ではなく、全てのライセンス情報を弊社で管理し、お客様が自由にそれらの操作を行うことが出来る、次世代の方法です。

スマートライセンスについての詳細は、CCO をご確認下さい。

シスコ スマート ソフトウェア ライセンシングの概要

なお、現時点でライセンス登録がされないまま、Evaluation期間(90日)が過ぎた場合でも、機能への制限は行っておりません。但し、この状態はライセンス違反状態となりますので、速やかな登録をお願い致します。

ライセンスの種類

NSO で使用するライセンスには、以下の様なものがあります。詳細は、弊社営業までお問い合わせ下さい。

PIDSSM 上ので表示種類説明
R-NSO-K9 トップレベルNSOのインスタンス毎に必要
NSO-P-PAKNSO-platform-productionサーバActiveノードで必要
NSO-HA-LIC-PNSO-platform-production-standbyサーバStandby ノードで必要
NSO-DEV-P-PAKNSO-platform-development-test サーバ開発環境で必要
NSO-PNF-()NSO-network-elementネットワークエレメント

Southbound接続先デバイスが、物理デバイス

NSO-VNF-()NSO-network-elementネットワークエレメントSouthbound接続先デバイスが、仮想デバイス
NED-()

NED毎に異なる

例:

cisco-ios-NED
cisco-iosxr-NED

NED

NED用。各種デバイスの種類毎に必要。

例:

NED-IOS-P: IOS NED用
NED-IOSX-P: IOS-XR NED用

注: 実際にご注文頂くパッケージ PID (ESC とのバンドル等) 内に、上記が含まれている場合があります。

注: SSM = Smart Software Manager. ライセンスの管理を行う事が出来ます。

NSOでの設定方法

SSM でTokenを生成し、それをNSOのコマンドラインから入力します。事前に必要なライセンスを、Virtual Accountへ追加しておく必要があります。

Token の生成・取得

既存のTokenを使用する場合には、再生成する必要はありません。

(1) SSM のGeneralタブに表示される、New Tokenボタンを押します。

(2) 以下の画面がポップアップ表示されますので、説明(Description) とトークンの期限(Expire After) の欄に記入し、Create Token  を押します。

 

(3) 生成されたトークンが表示されますので、クリックして内容を表示し、クリップボードへコピーします。

 

Token の入力

生成されたTokenを、NSOへ入力することにより、NSOとVirtual Accountを紐付けを行います。その後、NSOは当該Virtual Accountから必要なライセンスを使用します。

admin@ncs# smart-license register idtoken MjM3YTU2ZjgtMGNmYi...
result Registration process in progress. Use the 'show license status' command to check the progress and result.
admin@ncs#

上記コマンド実施後、Cisco.com サイトとの通信を経て登録が完了します。完了したことを確認するには、'show license status' コマンドを入力して下さい。以下の例では、cisco.com  への登録には成功し、ライセンスが不足している場合の例となります。

admin@ncs# show license status

Smart Licensing is ENABLED

Registration:
Status: REGISTERED
Smart Account: Test
Virtual Account: TAC
Export-Controlled Functionality: Allowed
Initial Registration: SUCCEEDED on Oct 24 06:14:00 2016 UTC
Last Renewal Attempt: SUCCEEDED on Oct 24 06:14:10 2016 UTC
Next Renewal Attempt: Apr 22 06:14:10 2017 UTC
Registration Expires: Oct 24 06:08:47 2017 UTC
Export-Controlled Functionality: Allowed

License Authorization:

License Authorization:
Status: OUT OF COMPLIANCE on Oct 24 06:14:11 2016 UTC
Last Communication Attempt: SUCCEEDED on Oct 24 06:08:51 2016 UTC
Next Communication Attempt: Oct 24 18:14:13 2016 UTC
Communication Deadline: Oct 24 06:08:47 2017 UTC
Development mode: disabled
admin@ncs#

Status が REGISTERED とならない場合、NSOの動作しているサーバから、tools.cisco.com サイトと https 通信が可能なことを確認してください。

また、License Authorization の Status が COMPLIANCE とならない場合(OUT OF COMPLIANCE 等) は、SSM上で Virtual Account に必要なライセンスが入っていることを確認してください。

以下に、'show license usage' コマンドを使用した、ライセンスが不足している例を示します。

admin@ncs# show license usage

License Authorization Status: OUT_OF_COMPLIANCE as of Oct 24 06:14:11 2016 UTC

NSO-platform-production (regid.2015-10.com.cisco.NSO-platform-production,1.0_d1445dab-9d96-4593-99f2-6f633b8a759c)
Description: API unavailable
Count: 1
Version: 1.0
Status: InCompliance

NSO-network-element (regid.2015-10.com.cisco.NSO-network-element,1.0_5d641fa0-757d-43b0-a926-166cb6e3cfdd)
Description: API unavailable
Count: 3
Version: 1.0
Status: InCompliance

cisco-ios-NED (regid.2015-10.com.cisco.cisco-ios-NED,1.0_d9eca34d-1f6a-4595-ad74-9c0c57e03c27)
Description: API unavailable
Count: 1
Version: 1.0
Status: InCompliance

cisco-iosxr-NED (regid.2015-10.com.cisco.cisco-iosxr-NED,1.0_9956fc34-cbed-4d13-a1ea-6a36f4e40a99)
Description: API unavailable
Count: 1
Version: 1.0
Status: OutOfCompliance

この例では、cisco-iosxr-NED のライセンスが OutOfCompliance ステータスとなっています。

 

バージョン履歴
改訂番号
3/3
最終更新:
‎09-20-2017 11:01 AM
更新者:
 
ラベル(1)
タグ(1)