シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

NSO: CLI の便利なツール - devtools

 

はじめに

NSO CLI に実装されている便利なツールを紹介します。これらの機能はデフォルトでは表示されないようになっていますので、使用する際には devtools を有効にする必要があります。

admin@ncs# show cli | include devtools
devtools false
admin@ncs# devtools true
admin@ncs# show cli | include devtools
devtools true


本ドキュメント作成時点では以下の2つのコマンドが実装されていますので、それぞれ紹介します。

  • timecmd   Time command
  • xpath   Evaluate XPath expression

 

timecmd

本コマンドは NSO 4.3 から実装されています。timecmd コマンドを先頭につけて他のコマンドを実行すると、コマンド実行にかかった時間を表示してくれます。timecmd コマンドは Operational mode/Configure mode どちらでも使用できます。

syntax: timecmd <コマンド>

admin@ncs# timecmd devices sync-from
sync-result {
device router0
result true
}
sync-result {
device staros
result true
}
Command executed in 6.74 sec

admin@ncs(config-config)# timecmd commit
Commit complete.
Command executed in 0.10 sec

NSO User Guide の Operational mode commands セクションにも説明がありますので合わせて参照ください。

xpath

本コマンドは NSO 4.3 から実装されています。xpath コマンドは xpath expression をテストすることができます。xpath コマンドは Configure mode で使用できます。

admin@ncs(config)# xpath ?
Possible completions:
ctx <xpath context>
eval <xpath expression>
must <xpath expression>
when <xpath expression>
<cr>

 

context を指定した場合はその path が current context として xpath が評価されます。指定しない場合は現在の CLI の sub mode が current context になります。その他のオプションの意味は以下のとおりです。

  • eval - Evaulate an XPath expression.
  • must - Evaluate the expression as a YANG 'must' expression.
  • when - Evaluate the expression as a YANG 'when' expression.

admin@ncs(config)# xpath eval count(/devices/device[name='staros'])
1

admin@ncs(config)# xpath ctx devices device staros when current()/device-type/cli/ned-id = 'cisco-staros-id:cisco-staros'
true

また、パイプで trace オプションを指定すると debug 情報を取得することができます。

admin@ncs(config)# xpath ctx devices device staros when current()/device-type/cli/ned-id = 'cisco-staros-id:cisco-staros' | trace
XPATH_DEBUG compiling: boolean(current()/device-type/cli/ned-id='cisco-staros-id:cisco-staros')
XPATH_DEBUG compiling OK
XPATH_DEBUG current node: /ncs:devices/device{staros}
XPATH_DEBUG evaluating expression
XPATH_TRACE exists("/ncs:devices/device{staros}/device-type/cli") = true
XPATH_TRACE get_elem("/ncs:devices/device{staros}/device-type/cli/ned-id") = cisco-staros-id:cisco-staros
true

 

NSO User Guide の Configure mode commands セクションにも説明がありますので合わせて参照ください。

126
閲覧回数
10
いいね!
0
コメント