シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

OSPF: redistribute で prefix-list を使う場合の注意点

static を OSPF へ再配送する場合に、下記のように route-map によって prefix-list にマッチするものに制限し redistribute を行うことができます。

router ospf 1

redistribute static subnets route-map TEST

network 1.1.1.1 0.0.0.0 area 0

!

ip route 192.168.1.0 255.255.255.0 Null0

!

ip prefix-list PREFIXLIST seq 5 permit 192.168.1.0/24

!

route-map TEST permit 10

match ip address prefix-list PREFIXLIST

!

設定変更によって、prefix-list 自体を削除してしまった場合、prefix-list が無い場合は全て permit 扱いとなり全 static 経路が再配送されます

prefix-list が空の場合には、全て permit になる点については下記ページにも記載がございます。

そのため、設定変更の過程で意図しない経路が伝搬してしまい、通信に影響が出るといったことが発生しえるため注意が必要です。

3707
閲覧回数
13
いいね!
0
コメント