シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

PI ( Cisco Prime Infrastructure ) の基本ログ

[toc:faq]

基本ログ一覧


以下のログの取得をお願いします。

  • CLI から以下の Show コマンド一式
    ( terminal length 0 )  << show コマンドを途中で途切れさせないようにするためのコマンド
    show version
    show application version NCS
    show running-config
    ncs status 
    show ntp
    show disk
    ncs ha status ※HA 構成の場合のみ
    show backup history
    show tech-support

  • DBログ(alert_wcs.log)
    CLIでrootに入ってから、
    /opt/oracle/base/diag/rdbms/wcs/wcs/trace/alert_wcs.log
    を取得。

  • PIログ
    以下のいずれかの方法で取得をお願いします。

PIログの取得方法


方法1 : PI の GUI から取得する方法

取得手順

  1. Administration > Logging を選択します
    【PI3.x】

    【PI2.x】


  2. Download Log File の欄の、Download ボタンを押します
    【PI3.x】

    【PI2.x】


  3. Download されたファイルを取得して下さい

方法2 : PI の CLI から Zip 形式に圧縮して取得する方法

取得手順

  1. SSH で PI の CLI にログインして下さい 

  2. 以下の手順によりアーカイブログを圧縮して下さい
    PrimeInfrastructure/admin# root   << root モードにログイン
    Enter root patch password :
    ade # cd /opt/CSCOlumos/  << ディレクトリの移動
    ade # tar -zcvf SR6xxxxxxxxlogs.tar.gz logs << ファイルの圧縮。6xxxxxxxxを SR 番号に置き換えて下さい。
    ※PI3.xの場合、こちらの手順をご参考ください。

    shell モードにログインし、ディレクトリを変更して下さい

        PrimeInfrastructure/admin# shell   << shell モードにログイン

        Enter shell access password :

        Starting bash shell ...

    ==============================================

    (備考)shellへ以前にアクセスしていない場合は、以下をご参照いただき、

    パスワードを設定ください。

    https://supportforums.cisco.com/ja/document/13202621

    ==============================================

        ade # cd /localdisk/defaultRepo/ << ディレクトリの移動

  3. FTP サーバにアクセスして下さい
    ade # ftp < ftp ip address >
    Name (172.17.118.18:admin):   << ftp サーバのユーザ名
    Password:

  4. FTP サーバにファイルをコピーして下さい
    ftp> binary
    ftp> put SR6xxxxxxxxlogs.tar.gz << ftp サーバにファイルをコピー
    ftp> bye

  5. 生成したファイルの削除をして下さい
    ade # rm SR6xxxxxxxxlogs.tar.gz << 生成したファイルの削除
    ade # exit
    exit
    PrimeInfrastructure/admin#

  6. FTP サーバからファイルを取得して下さい

方法3 : PI の CLI から backup-logs コマンドを使って取得する方法

取得手順

  1. SSH で PI の CLI にログインして下さい 

  2. backup-logs コマンドを用いてアーカイブログファイルを作成します
    PrimeInfrastructure/admin#backup-logs <filename>  repository defaultRepo  << 他のレポジトリでも構いません
    % Creating log backup with timestamped filename: testlog-151209-2238.tar.gz << filename に日付が加えられたファイル名になります
    Transferring file …
    – complete.

  3. root モードにログインし、ディレクトリを変更して下さい
    PrimeInfrastructure/admin# root   << root モードにログイン
    Enter root patch password :
    ade # cd /localdisk/defaultRepo/ << ディレクトリの移動
    ※PI3.xの場合、こちらの手順をご参考ください。

    shell モードにログインし、ディレクトリを変更して下さい

        PrimeInfrastructure/admin# shell   << shell モードにログイン

        Enter shell access password :

        Starting bash shell ...

    ==============================================

    (備考)shellへ以前にアクセスしていない場合は、以下をご参照いただき、

    パスワードを設定ください。

    https://supportforums.cisco.com/ja/document/13202621

    ==============================================

        ade # cd /localdisk/defaultRepo/ << ディレクトリの移動

  4. FTP サーバにアクセスしファイルをコピーして下さい
    ade # ftp < ftp ip address >
    Name (172.17.118.18:admin):   << ftp サーバのユーザ名
    Password:
    ftp> binary
    ftp> put  testlog-151209-2238.tar.gz<< ftp サーバにファイルをコピー
    ftp> bye
  5. 生成したファイルの削除をして下さい
    ade # rm testlog-151209-2238.tar.gz << 生成したファイルの削除
    ade # exit
    exit
    PrimeInfrastructure/admin#

  6. FTP サーバからファイルを取得して下さい

参考資料

[1] : ‘Cisco Prime Infrastructure (PI/NCS) および Mobility Service Engine (MSE) のトラブルシューティング’, Hideyuki Osaki, シスコサポートコミュニティ, https://supportforums.cisco.com/ja/document/9881091

[2] : ‘[NMS-1] Prime Infrastructure最新情報と導入時のポイント’, Yasunori Wada, PSU Week 2014 Dec
http://www.cisco.com/web/JP/partners/training/archive/psuweek2014dec.html

2945
閲覧回数
5
いいね!
0
コメント