シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

PI2.2.1 GlibcFix-pi22-updateの適応について

 Prime Infrastructure(PI) 2.2.1向けの Glibcの脆弱性(CVE-2015-0235)対策として、パッチが弊社Webページで公開されています。

パッチをダウンロードしてReadmeの手順に沿ってもインストールができない事例が挙がっていますので、投稿いたします。

 

PI2.2.1 Software update for Glibc (CVE-2015-0235) and NTP (CVE-2014-9295) vulnerabilities.

https://software.cisco.com/download/release.html?mdfid=286236028&catid=268439477&softwareid=284272933&release=2.2.1&relind=AVAILABLE&rellifecycle=&reltype=latest

Readme:

http://www.cisco.com/web/software/284272933/118126/GlibcFix-pi22-update-0-x86_64.pdf

 

[原因]

原因はダウンロードしたパッチのファイル名にあります。

ダウンロードすると、下記のようなファイルが入手できます。

GlibcFix-pi22-update-0-x86_64.gz

しかしながら、Readmeの手順上はファイル名が下記のようになっています。

GlibcFix-pi22-update-0-x86_64.tar.gz

 

[対策]

ファイル名をReadmeに合わせてGlibcFix-pi22-update-0-x86_64.tar.gzに変更してください。

変更することでapplication install コマンドでインストールできます。

 

[その他補足]

- インストール時にサーバ再起動が発生します。

-  パッチ適応に20、30分程度かかります。

 

以上

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎03-26-2015 11:24 AM
更新者:
 
ラベル(1)