シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

PPPoE接続に失敗する場合のトラブルシューティング - その2 -

PPPoE接続に失敗する場合のトラブルシューティング - その2- です。その1で説明した具体的な事例について説明します。

3 IP アドレスの設定方法の間違い

IP アドレスの設定方法の間違いに関しては、デバッグログではなく、ISP 契約の書類や CCO ドキュメントなどを参考にして、設定に誤りがないかどうかを確認してください。

PPPoE 接続を行う際には、IP address 割り当て方法により、大きく2種類に分類することができます。IP アドレスを接続の度にダイナミックに自動で割り当てる方法と、固定 IP Address が予め割り当てられている方式です。

それぞれ、接続設定例が CCO にありますので、確認ください。

固定IP割り当て

LAN 型払い出し方式で IP アドレスを提供するサービスプロバイダへの PPPoE 接続設定例

http://www.cisco.com/cisco/web/support/JP/102/1020/1020019_pppoe_lan.html

自動IP割り当て

端末型払い出し方式で IP アドレスを提供するサービスプロバイダへの PPPoE 接続設定例

http://www.cisco.com/cisco/web/support/JP/102/1020/1020018_pppoe_client.html

5 パスワード設定を間違えた場合のデバッグログ

パスワードを間違えてしまった場合のデバッグログを取得しました。複数の問題一緒にパスワードも間違えてしまっていたような場合は、なかなか気が付かない場合もあります。

デバッグログの中の、"Authentication failed" は、認証に失敗していることを示しています。設定した ID / Password を確認後、誤っている設定を変更し動作を確認します。

パスワード設定を間違えた場合のデバッグログ

-----------------------------------------------------------------------------------

%LINK-3-UPDOWN: Interface Virtual-Access2, changed state to up

Vi2 PPP: Sending cstate UP notification

Vi2 PPP: Processing CstateUp message

PPP: Alloc Context [538C0B8]

ppp6 PPP: Phase is ESTABLISHING

Vi2 PPP: Using dialer call direction

Vi2 PPP: Treating connection as a callout

Vi2 PPP: Session handle[4F000006] Session id[6]

Vi2 LCP: Event[OPEN] State[Initial to Starting]

Vi2 PPP: No remote authentication for call-out

Vi2 LCP: O CONFREQ [Starting] id 1 len 14

Vi2 LCP:    MRU 1454 (0x010405AE)

Vi2 LCP:    MagicNumber 0x84212111 (0x050684212111)

Vi2 LCP: Event[UP] State[Starting to REQsent]

Vi2 LCP: I CONFREQ [REQsent] id 1 len 19

Vi2 LCP:    MRU 1454 (0x010405AE)

Vi2 LCP:    AuthProto CHAP (0x0305C22305)

Vi2 LCP:    MagicNumber 0x8420D234 (0x05068420D234)

Vi2 LCP: O CONFACK [REQsent] id 1 len 19

Vi2 LCP:    MRU 1454 (0x010405AE)

Vi2 LCP:    AuthProto CHAP (0x0305C22305)

Vi2 LCP:    MagicNumber 0x8420D234 (0x05068420D234)

Vi2 LCP: Event[Receive ConfReq+] State[REQsent to ACKsent]

Vi2 LCP: I CONFACK [ACKsent] id 1 len 14

Vi2 LCP:    MRU 1454 (0x010405AE)

Vi2 LCP:    MagicNumber 0x84212111 (0x050684212111)

Vi2 LCP: Event[Receive ConfAck] State[ACKsent to Open]

Vi2 PPP: Queue CHAP code[1] id[1]

Vi2 PPP: No authorization without authentication

Vi2 CHAP: Redirect packet to Vi2

Vi2 CHAP: I CHALLENGE id 1 len 31 from "PPPoE_Serv"

Vi2 PPP: Sent CHAP SENDAUTH Request

Vi2 LCP: State is Open

Vi2 PPP: Received SENDAUTH Response FAIL

Vi2 CHAP: Using hostname from interface CHAP

Vi2 CHAP: Using password from interface CHAP

Vi2 CHAP: O RESPONSE id 1 len 26 from "cisco"

Vi2 CHAP: I FAILURE id 1 len 25 msg is "Authentication failed"

Vi2 PPP DISC: We failed authentication

Vi2 LCP: I TERMREQ [Open] id 2 len 4

Vi2 LCP: O TERMACK [Open] id 2 len 4

Vi2 LCP: Event[Receive TermReq] State[Open to Stopping]

Vi2 PPP: Phase is TERMINATING

PPPoE 6: I PADT  R:aabb.cc00.d300 L:aabb.cc00.d400 Et0/0

PPPoE : Shutting down client session

[0]PPPoE 6: O PADT  R:aabb.cc00.d300 L:aabb.cc00.d400 Et0/0

%DIALER-6-UNBIND: Interface Vi2 unbound from profile Di1

Vi2 PPP: Block vaccess from being freed [0x10]

Vi2 LCP: Event[DOWN] State[Stopping to Starting]

Vi2 PPP: Unlocked by [0x10] Still Locked by [0x0]

Vi2 PPP: Free previously blocked vaccess

Vi2 PPP: Phase is DOWN

%LINK-3-UPDOWN: Interface Virtual-Access2, changed state to down

--------------------------------------------------------------------------------------

* LCP のネゴシエーションが終了し、CHAPで認証を開始した後、"Authentication failed" になり、その後相手から、TERMREQ を受け取り、TERMACK を返し、PPP セッションが TERMINATE していることがわかります。

5175
閲覧回数
20
いいね!
0
コメント