キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

PPPoE 接続に失敗する場合のトラブルシューティング -その1-

PPPoE 接続に失敗する場合のトラブルシューティングの方法を具体的な接続失敗事例と、失敗した際のデバッグログなどについて、まとめようと思います。何回かに分けて投稿します。

1. 接続状態の確認

最初のステップとして、PPPoEのセッションの接続が成功しているかどうかを確認する必要があると思いますが、その際に使用するコマンドの出力は、以下のとおりです。

* IOS 15.0M で PPPoE client として動作させたルータで取得した結果です。

  • 接続していない状態               

PPPoE_Client# show ppp all      

Interface/ID OPEN+ Nego* Fail-     Stage    Peer Address    Peer Name

------------ --------------------- -------- --------------- --------------------

PPPoE_Client#

PPPoE_Client# show pppoe session   

     1 client session

Uniq ID  PPPoE  RemMAC          Port                    VT  VA         State

           SID  LocMAC                                      VA-st      Type

    N/A      0  0000.0000.0000  Et0/0                  Di1  N/A        SHUTDOWN

                0000.0000.0000                                             

* 接続していないので、何も表示されていません。

  • 接続に成功した場合

PPPoE_Client# show ppp all

Interface/ID OPEN+ Nego* Fail-     Stage    Peer Address    Peer Name

------------ --------------------- -------- --------------- --------------------

Vi2          LCP+ IPCP+ CDPCP-     LocalT   192.168.1.1     PPPoE_Serv

PPPoE_Client#

PPPoE_Client# show pppoe session

     1 client session

Uniq ID  PPPoE  RemMAC          Port                    VT  VA         State

           SID  LocMAC                                      VA-st      Type

    N/A      2  aabb.cc00.d300  Et0/0                  Di1  Vi2        UP     

                aabb.cc00.d400                                         UP

* PPPoE、PPP ともにセッションが表示されています。                        

2. 接続に失敗した場合のトラブルシューティング

いざ接続してみたら、接続に失敗し、設置のスケジュールに間に合わないなどのトラブルに遭遇する場合の多くは、設定の誤りなどが原因です。

代表的な例としては、以下の様なものがあります。

  1. IP アドレスの割り当て方法(自動、固定)に対するルータの設定が間違っている
  2. パスワード設定の誤り
  3. 認証方式のネゴシエーション失敗
  4. MTUのネゴシエーション失敗

「1. IP アドレスの割り当て方法(自動、固定)に対するルータの設定が間違っている」に関しては、CCOドキュメントを参考に対応をおこなってください。その他に関しては、show running-config を眺めてみても、相手側の機器に依存する問題であったり、どこをどのように修正していよいのか、わかりにくい問題であるため、デバッグを有効にして、デバッグログを取得してください。デバッグログの結果を確認することで、接続に失敗した原因を突き止めることができます。

第一段階で取得シたほうが良いデバッグログは、以下のとおりです。

debug ppp authentication

debug ppp negotiation

debug pppoe event

取得できたデバッグログの見方は、CCOに詳しい解説がありますので、あわせて参照ください。

debug ppp negotiation の出力について

http://www.cisco.com/cisco/web/support/JP/100/1007/1007973_debug_ppp_negotiation-j.html

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎02-23-2012 05:09 PM
更新者:
 
ラベル(1)