キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

Prime Infrastructure パッチ適応手順について

PI1.3.0.20にUpdate4(PI_1_3_0_20-Update.4-16.tar.gz)を適応する場合を例にして
手順の一例をご紹介します。

(参考)
ReadMe for Update-4 for Cisco Prime Infrastructure 1.3.0.20

1)
パッチをCisco.comより端末にダウンロードします。

2)
端末からPIへのパッチをFTPでアップロードします。

PI自体がFTPサーバとして動いておりますので、
FTPクライアント等を利用してアップロードできます。

デフォルト設定ですと下記でログインできます。
ユーザ名:ftp-user
パスワード:インストール時に設定したもの

アップロードしますと下記にパッチが置かれます。
/localdisk/ftp/

3)
PIへCLIでログインしてパッチを適応します。
※予めroot_enableでrootを有効にしてください。

パッチを移動させます。
server-name/admin# root
Enter root password :
Starting root bash shell ...
ade # su -
[root@server-name ~]#
[root@server-name ~]# mv /localdisk/ftp/PI_1_3_0_20-Update.4-16.tar.gz /localdisk/defaultRepo/PI_1_3_0_20-Update.4-16.tar.gz

rootを抜けて、パッチを適応します。
[root@server-name ~]# exit
logout
TERM environment variable not set.
ade # exit
exit
server-name/admin# patch install PI_1_3_0_20-Update.4-16.tar.gz defaultRepo 
Save the current ADE-OS running configuration? (yes/no) [yes] ? yes 
Generating configuration...
Saved the ADE-OS running configuration to startup successfully
Initiating Application Patch installation...
Patch successfully installed

再起動は発生しません。
20-30分くらいかかります。
最後にShow versionで確認することができます。

4)
パッチ適応を確認します。
server-name/admin# sh ver
....略
Cisco Prime Network Control System
------------------------------------------
Version : 1.3.0.20
Patch: Cisco Prime Network Control System Version: Update.4.16 <<加わります

以上

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎04-24-2014 03:20 PM
更新者:
 
ラベル(1)