シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

Prime Infrastructure - /opt の空き容量がない場合の確認項目

/optの空き領域がほとんどない場合、以下のような症状が発生します。

  • PIのサービス停止
  • WebUIへアクセス不可
  • Backupの失敗

これらの症状が発生した際には、PI基本ログ以外に以下のコマンドの結果も確認してみます。このコマンドで/optの使用状況が確認できます。

admin# root  (PI 3.1以降は shell コマンドです)

ade # df -h

Filesystem            Size  Used Avail Use% Mounted on
/dev/mapper/smosvg-rootvol
                      3.9G  303M  3.4G   9% /
tmpfs                 5.9G  1.9G  4.1G  32% /dev/shm
/dev/mapper/smosvg-altrootvol
                      124M  5.6M  113M   5% /altroot
/dev/sda1             485M   41M  419M   9% /boot
/dev/mapper/smosvg-home
                      124M  6.2M  112M   6% /home
/dev/mapper/smosvg-localdiskvol
                       44G  1.2G   40G   3% /localdisk
/dev/mapper/smosvg-optvol
                      203G   25G  168G  13% /opt
/dev/mapper/smosvg-recvol
                      124M  5.6M  113M   5% /recovery

/optの空き領域が少なくなっている(Use% が100%に近くなってきている)ことが確認できたら、以下のコマンドで/optの容量を消費しているディレクトリを確認します。

ade # sudo du -h --max-depth=6 /opt | grep [0-9]G | sort -k2

25G     /opt
9.3G    /opt/CSCOlumos
2.2G    /opt/CSCOlumos/logs
64K     /opt/CSCOlumos/matlab/toolbox/matlab/imagesci/@H5G
2.9G    /opt/CSCOlumos/staging
1.6G    /opt/CSCOlumos/staging/app
16G     /opt/oracle
16G     /opt/oracle/base
3.3G    /opt/oracle/base/fast_recovery_area
3.1G    /opt/oracle/base/fast_recovery_area/WCS
3.1G    /opt/oracle/base/fast_recovery_area/WCS/onlinelog
8.7G    /opt/oracle/base/oradata
1.4G    /opt/oracle/base/oradata/STBYWCS
1.2G    /opt/oracle/base/oradata/STBYWCS/datafile
7.3G    /opt/oracle/base/oradata/WCS
6.3G    /opt/oracle/base/oradata/WCS/datafile
1.1G    /opt/oracle/base/oradata/WCS/onlinelog

/optを大量に使用しているディレクトリがあった場合は、どのようなファイルが作成されているのかを確認します。

ade # ls -l <ディレクトリ>

これらの情報をPI基本ログと合わせて、TACへお問い合わせください。

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎05-22-2017 11:15 AM
更新者:
 
ラベル(1)