キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

"logging exception" IOSコマンド

この文書 は、" logging exception "IOSのコマンドの使用について説明します。

Logging Exception Command

IOS(config)# logging ?
Hostname or A.B.C.D   IP address of the logging host
buffered         Set buffered logging parameters
console         Set console logging level
exception        Limit size of exception flush output
facility         Facility parameter for syslog messages
history         Configure syslog history table
host  Set syslog server host name or IP address
monitor         Set terminal line (monitor) logging level
on            Enable logging to all supported destinations
rate-limit        Set messages per second limit
source-interface     Specify interface for source address in logging transactions
trap           Set syslog server logging level



Logging exceptionのサイズはexceptionフラッシュの出力サイズを制限するために使用されます。
その主な目的はバッファの量を無効或いは制限して、システムのコンソールに送信します

logging bufferやlogging consoleメッセージの量が大きすぎる場合は、
"logging exception"コマンドをコンソールに表示を変更し、logging bufferの量を設定することができます。

IOSでは、すべてのプロトコルとトラブルシューティングの目的として、
システムで実行中のプロセスの詳細なデバッグをことができます。
デバッグの詳細についてはIOS デバッグ コマンド リファレンスで入手できます。

上位レベルをのメッセージを有効をするとすべての下位レベルのメッセージも表示されます。
デバッグレベル、またはレベル7は、すべてのメッセージを示しています。
システム メッセージもバッファーに格納します、
特権モードが見られるshow logging コマンドで使用します。
ユーザーの設定モードでは、logging host コマンドを使用して、
syslog サーバーへのログメッセージを送信することもあります。

UNIX デバイスまたはルーターからこれらのメッセージを受け付けて、
それらのファイルに配置するには、PC 上 syslog サーバーを構成することができます。
これは、メモリの量によっ てルータ上で制限されていませんので、
大容量のファイルシステムメッセージを含む維持することができます。


Cisco IOSの専門家からdebugコマンドの有効と無効を判断する必要があります、
パフォーマンスに深刻な影響を与えることがありますので注意して使用する必要があります。
不適切な使用は、システムにアクセスできなくかもしれない或いはパケット転送が行われる負荷も高くなります。

システム メッセージをコンソールに表示され、
任意のセッションのルータに有効にすることができます。
さまざまなレベルの重要度別のアクセス方法をルータに構成できます。
8 つのメッセージの重大レベルは次のとおりです。

    Emergency (severity 0)  緊急事態

    Alert (severity 1) 迅速な対応が必要   

    Critical (severity 2)  重大なエラー

    Error (severity 3)  エラー

    Warning (severity 4)  警告

    Notification (severity 5)  通常状態だが重要

    Informational (severity 6)  インフォメーション

    Debugging (severity 7)  デバッグ時のみ表示

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎07-31-2010 10:22 PM
更新者:
 
ラベル(1)
タグ(1)