キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

"|" パイプ を用いたshow 出力の制御

Ciscoルータではshow コマンドに続けて改行せずに "|" (パイプ)を用いる

ことによって出力を抑制することができます。

例えば include (省略して i のみでも有効) を用いて

Router#show ip int b | i up

とすればup 状態のインタフェースの情報のみ確認することができます。

また、section (省略して s のみでも有効)も便利です。

例えば、長いrunnig-config の中からルーティングの設定だけ見たい時に

Router#show run | sec router

router ospf 1

router-id 3.3.3.3

log-adjacency-changes

redistribute rip subnets route-map rip2ospf

network 202.21.5.128 0.0.0.15 area 35

neighbor 202.21.5.130

router bgp 65001

no synchronization

bgp log-neighbor-changes

network 203.5.3.0

neighbor 161.5.4.4 remote-as 65004

neighbor 161.5.4.4 ebgp-multihop 255

neighbor 161.5.4.4 update-source Loopback0

no auto-summary

のように使えます。

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎09-19-2010 11:58 AM
更新者:
 
ラベル(1)