キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

Shaping Bufferの調整について

Shaping Bufferは、12.4(20)TのHQF(Hierarchical Queuing Framework)が適用されるその前のIOSと設定方法が違います。

CCOの説明のように単にshape max-buffersを増やすだけだとShaping Bufferが増えないので、ここで説明させておきたいと

思います。

普通にCCOでshape max-buffersと検索すると下記のような説明がございます。
----------------------------------------------------------------------------
shape max-buffers
To specify the maximum number of buffers allowed on shaping queues, use the shape max-buffers command
in class-map configuration mode. To remove the maximum number of buffers, use the no form of this command.

shape max-buffers number-of-buffers
no shape max-buffers number-of-buffers

Examples
The following example configures shaping and sets the maximum buffer limit to 100:
shape average 350000
shape max-buffers 100

URL
http://www.cisco.com/en/US/partner/docs/ios/12_2t/qos/command/reference/qftcmd9.html#wp1101107
----------------------------------------------------------------------------

上記の説明だとshape max-buffersを設定するだけでshaping bufferが増えるような説明になっておりますが、

実際にはHQF以前のIOSでは、上記の設定だけではShaping Bufferが64から100になりません。

そこで、下記のようなNested Hierarchical Policiesを使用します。

policy-map CHILD_POLICY
  class class-default
   bandwidth 350 <- Shaperと同じ値で設定
   queue-limit 100 <- 実際設定したいBufferの数を設定

policy-map PARENT_POLICY
  class Shaper
   shape average 350000
   shape max-buffers 100 <- CHILD_POLICYのQueue-limitと同じ値を設定
   service-policy CHILD_POLICY

Queue-limitはqueu-limitやmax-bufferのどちらか低い値が適用されてしまうので同じ値を設定し、親Policy mapの中に

policy-map WFQを適用します。

Note:上記のように設定してもShaping bufferはInterfaceのOutput Queueを使用するので、InterfaceのOutput Queueも

一緒に増やす必要がございます。

ご参考までですが、12.4(20)T以降のHQFでは、shape max-buffers コマンドはなくなり、queue-limitでShaping buffer

の調整可能となりました。
Hierarchical Queuing Framework
http://www.cisco.com/en/US/prod/collateral/iosswrel/ps6537/ps6558/white_paper_c11-481499.html

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎08-02-2010 05:49 PM
更新者:
 
ラベル(1)