シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

Stack Power機能の使用におけるPower-Priority設定に関する注意点

本ドキュメントでは、Stack Power機能の使用におけるPriority設定に関する注意点を記載いたします。

なお、Stack Power 機能については以下ご参照ください。

Managing Catalyst 3750-X Stack Power

 

注意事項

Stack Power 機能において、以下の3種類のpower-priorityは、CLI設定が可能となります。

Low port priority value
High port priority value
Switch priority value

同Stack Power Group内においてそれぞれのPriorityは重複を許されないため、重複が確認された場合は以下のメッセージが出力されます。

%PLATFORM_STACKPOWER-4-PRIO_CONFLICT: Switch 1's power stack has conflicting power priorities

ただし、このPriority設定はshow running-config等でどの値に「設定」されているかを確認ができません。
そのため、以下のような注意が必要となります。

 

[CLIによる設定がされていない場合]

power-priorityの設定は、以下をデフォルト値として動作します。
Low port priority value :22
High port priority value :13
Switch priority value :4

  

CLIによる設定がされていない機器では、MACアドレスの大小に従いPriorityが付与されます。
以下は、power-priorityの設定を実施していないswitch 1 (0000.1111.1111)とswitch 2 (0000.1111.1112)が接続された例です。

Switch 1 はMACアドレスが小さいため、各Priorityをデフォルトから -1 された値でセットします。

Switch#show stack-power detail
Power stack name: Powerstack-1
Stack mode: Power sharing
Stack topology: Ring
Switch 1:
Power budget: 190
Power allocated: 190
Low port priority value: 21 <<<<
High port priority value: 12 <<<<
Switch priority value: 3 <<<<
Port 1 status: Connected
Port 2 status: Connected
Neighbor on port 1: Switch 2 – 0000.1111.1112
Neighbor on port 2: Switch 2 - 0000.1111.1112

Switch 2:
Power budget: 190
Power allocated: 190
Low port priority value: 22
High port priority value: 13
Switch priority value: 4
Port 1 status: Connected
Port 2 status: Connected
Neighbor on port 1: Switch 1 - 0000.1111.1111
Neighbor on port 2: Switch 1 - 0000.1111.1111

この場合、Priorityの重複は起こりません。

 

なお、デフォルト値に戻すためには、明示的に以下のように no オプション または default オプションを使用し、コマンド入力が必要となります。
write erase などでは初期化されません。

(config-switch-stackpower)#no power-priority low
or (config-switch-stackpower)#default power-priority low

(config-switch-stackpower)#no power-priority high
or (config-switch-stackpower)#default power-priority high

(config-switch-stackpower)#no power-priority switch
or (config-switch-stackpower)#default power-priority switch

  

[CLIによる設定がされている場合]

power-priorityの設定に従い、各機器はPriority値を保持します。
すべての機器において設定値が重複していない場合、Priorityの重複は起こりません。

 

 

上記いずれのケースにおいても重複しませんが、機器の追加やHWリプレイス等で、Priority設定のある機器と、ない機器が混在する場合、Priorityの重複が起こる可能性があります。
以下は、Priority設定のある環境に対して、Priority設定のない機器にリプレイスされた際の例となります。

Switch 1 と Switch 2 の各power-priorityは、CLIにより設定されているものとします。

Switch#show stack-power detail
Power stack name: Powerstack-1
Stack mode: Power sharing
Stack topology: Ring
Switch 1:
Power budget: 190
Power allocated: 190
Low port priority value: 21
High port priority value: 12
Switch priority value: 3
Port 1 status: Connected
Port 2 status: Connected
Neighbor on port 1: Switch 2 – 0000.1111.1112
Neighbor on port 2: Switch 2 - 0000.1111.1112

Switch 2:
Power budget: 190
Power allocated: 190
Low port priority value: 22
High port priority value: 13
Switch priority value: 4
Port 1 status: Connected
Port 2 status: Connected
Neighbor on port 1: Switch 1 - 0000.1111.1111
Neighbor on port 2: Switch 1 - 0000.1111.1111
 

Switch 2 を、power-priorityのCLI 設定がされていない機器 (0000.1111.1110) にリプレイスした場合、新たなSwitch 2 はSwitch 1 よりMACアドレスが小さいため、各Priorityをデフォルトから -1 された値でセットします。

この場合、Priorityの重複となります。

Switch#show stack-power detail
Power stack name: Powerstack-1
Stack mode: Power sharing
Stack topology: Ring
Switch 1:
Power budget: 190
Power allocated: 190
Low port priority value: 21
High port priority value: 12
Switch priority value: 3
Port 1 status: Connected
Port 2 status: Connected
Neighbor on port 1: Switch 2 – 0000.1111.1110
Neighbor on port 2: Switch 2 - 0000.1111.1110

Switch 2:
Power budget: 190
Power allocated: 190
Low port priority value: 21 <<<<
High port priority value: 12 <<<<
Switch priority value: 3 <<<<
Port 1 status: Connected
Port 2 status: Connected
Neighbor on port 1: Switch 1 - 0000.1111.1111
Neighbor on port 2: Switch 1 - 0000.1111.1111

 

show stack-power priority で稼動しているPriority値の確認は可能ですが、設定状況については確認ができないため、あらかじめご使用機器の状態を把握いただく必要があります。
もし、重複が発生した場合は、Priority設定を操作し対処いただければと思います。

 

その他

stack power modeについても、CLIによる設定変更が可能となりますが、write erase によって初期化ができませんので、ご注意願います。 デフォルトではpower sharing modeとなります

 

対象製品

Catalyst 3750X/3850 Series

 

332
閲覧回数
0
いいね!
0
コメント