シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

STPループのトラブルシューティング

STPループが発生している際に問題個所の特定を行うためには、まず、意図せずフォワーディング状態に遷移しているブロッキングポートを特定します。

STPが動作しているポートのステータスは、以下の様なコマンドで確認する事が出来ます。

show spanning-tree vlan <vlan_id>

show spanning-tree vlan <vlan_id> detail

show spanning-tree interface <IF_NAME>

show spanning-tree interface <IF_NAME> detail

以下は、'show spanning-tree vlan <vlan_id>'の出力例です。

このスイッチでは、Gi1/0/2がVLAN20のルートポートであり、Gi1/0/3がVLAN20のブロッキングポートである事が確認出来ます。

WS-C3750E-48PD#show spanning-tree vlan 20

VLAN0020

  Spanning tree enabled protocol ieee

  Root ID    Priority    32788

             Address     0018.ba87.c880

             Cost        4

             Port        2 (GigabitEthernet1/0/2)

             Hello Time   2 sec  Max Age 20 sec  Forward Delay 15 sec

  Bridge ID  Priority    32788  (priority 32768 sys-id-ext 20)

             Address     0018.ba87.cb00

             Hello Time   2 sec  Max Age 20 sec  Forward Delay 15 sec

             Aging Time  300 sec

Interface           Role Sts Cost      Prio.Nbr Type

------------------- ---- --- --------- -------- --------------------------------

Gi1/0/2             Root FWD 4         128.2    P2p

Gi1/0/3             Altn BLK 4         128.3    P2p

また、該当VLANのルートブリッジが、意図されたスイッチであるかどうかという点に関しても、同時に確認していきます。

上記の例では、0018.ba87.c880というMAC Addressの機器が、VLAN20のルートブリッジになっています。

次回は、該当スイッチからルートブリッジまでの経路上で、BPDUが問題なく送受信されているかどうかといった点を確認していきます。

-------------------------------------------------------------

フォワーディング状態に遷移してしまったブロッキングポートを特定した後のステップとしては、該当スイッチからルートブリッジまでの経路上で、BPDUが問題なく送受信されているかどうかといった点を確認していきます。

BPDUの送受信に関しては、以下の様なコマンドで確認する事が出来ます。

show spanning-tree vlan <vlan_id> detail

show spanning-tree interface <IF_NAME> detail

以下は、'show spanning-tree interface <IF_NAME> detail'コマンドの出力例です。

数秒間隔で複数回実行し、'sent'や'received'が正常に増加するかどうかを確認します。

下記の例では、'received'が正常に増加しています。

この例では'sent'は増加していませんが、このポートはブロッキングポートなので、'sent'は通常は増加しません。

WS-C3750E-48PD#show spanning-tree interface gig 1/0/3 detail

Port 3 (GigabitEthernet1/0/3) of VLAN0020 is alternate blocking

   Port path cost 4, Port priority 128, Port Identifier 128.3.

   Designated root has priority 32788, address 0018.ba87.c880

   Designated bridge has priority 32788, address 0018.ba87.c880

   Designated port id is 128.165, designated path cost 0

   Timers: message age 2, forward delay 0, hold 0

   Number of transitions to forwarding state: 0

   Link type is point-to-point by default

   BPDU: sent 1, received 162

WS-C3750E-48PD#

WS-C3750E-48PD#

WS-C3750E-48PD#show spanning-tree interface gig 1/0/3 detail

Port 3 (GigabitEthernet1/0/3) of VLAN0020 is alternate blocking

   Port path cost 4, Port priority 128, Port Identifier 128.3.

   Designated root has priority 32788, address 0018.ba87.c880

   Designated bridge has priority 32788, address 0018.ba87.c880

   Designated port id is 128.165, designated path cost 0

   Timers: message age 2, forward delay 0, hold 0

   Number of transitions to forwarding state: 0

   Link type is point-to-point by default

   BPDU: sent 1, received 165

WS-C3750E-48PD#

WS-C3750E-48PD#

WS-C3750E-48PD#show spanning-tree interface gig 1/0/3 detail

Port 3 (GigabitEthernet1/0/3) of VLAN0020 is alternate blocking

   Port path cost 4, Port priority 128, Port Identifier 128.3.

   Designated root has priority 32788, address 0018.ba87.c880

   Designated bridge has priority 32788, address 0018.ba87.c880

   Designated port id is 128.165, designated path cost 0

   Timers: message age 2, forward delay 0, hold 0

   Number of transitions to forwarding state: 0

   Link type is point-to-point by default

   BPDU: sent 1, received 168

BPDUの送受信に問題が発生しているリンクを特定した後は、BPDUが送受信されているインターフェースでエラー等がカウントされていないか、CPU等のリソース使用状況に問題はないか、機器内部のトラフィックパスに問題がないか等、状況に応じて更に細かく切り分けて行く事になります。

障害時にSTPループを防止するという観点では、UDLDやLoop guardが有効ですので、こういった機能の使用に関しても、ご検討頂くと良いと思います。

2577
閲覧回数
5
いいね!
0
コメント