シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

VSS EtherChannel

Catalyst6500シリーズスイッチのVSS環境では、MECと呼ばれるEtherchannelが使用されます。

Etherchannelは複数の物理リンクを一つの論理リンクとして扱い、ロードシェアリングやリンクの冗長性を実現します。

Etherchannel はL2リンク、L3リンクのどちらでも使用可能で、Ethernet, Fast Ethernet, Gigabit Ethernet, 10 Gigabit Ethernet ポートで 構成可能です

これまでのEtherchannelは同一のシャーシ内で構成する必要がありましたが、VSSでは、2つの物理スイッチが一つの論理スイッチとして動作し、別々のシャーシ間で Etherchannelを構成することができます。

このマルチシャーシで構成されるEtherchannelをMECと呼びます。

Etherchannelの管理は、アクティブ側コントロールプレーンで実行されます。

VSドメイン上のMECリンクは、PAgPやLACPが動作するマスタースイッチによって、VSL経由でコントロールされます。

スタンバイ側のMECリンク向けのPAgPやLACPパケットはVSLを経由して送信されます。

マルチシャーシEtherchannelでのパケット転送は、VSL帯域の消費を避けるため、バンドルされたローカルリンクが 優先的に使用されます。

つまり、Ingressのインターフェースがアクティブ側でのインターフェースであった場合、MECに所属するEgressのインターフェースは、スタンバイ側のメンバーポートではなく、アクティブ側のMECに所属するインターフェースが使用されます。

以下のコマンドで、実際にあるフローがチャネルのどのリンクを使用するかを確認できます。

show etherchannel load-balance hash-result interface port-channel <channel_id> ip <source_ip> <dest_ip>

vss#sh etherchannel load-balance hash-result interface port-channel 120 ip 192.168.220.10 192.168.10.10 

Computed RBH: 0x4

Would select Gi1/2/1 of Po120

713
閲覧回数
5
いいね!
0
コメント