キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

デスクトップシリーズスイッチで"no passive interface VlanXX"が意図せず追加される

2013年4月26日(初版)

TAC SR Collection
主な問題

デスクトップシリーズスイッチにおいて router ospf, router rip, router eigrp 配下に "passive-interface default" が設定されいると、vlan インタフェースの削除/再設定を実行した際に "no passive interface VlanXX" の設定が意図せず追加されることがあります。

原因

この問題は CSCsl86317 として報告されております。

解決策

不具合の暫定回避策 :

"passive interface VlanXX" や "passive-interface default" によって意図せず追加された設定を無効化できます。

改修版ソフトウェア :

CSCsl86317 の修正が適用されたソフトウェアの使用

備考 本不具合は、Bug Search Tool でも確認できます。

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎04-26-2013 04:06 PM
更新者:
 
ラベル(1)
タグ(3)