シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

ボイスゲートウェイとして使用されてるルータが予期せず再起動することがある

2014年10月25日(初版)

TAC SR Collection
主な問題

ボイスゲートウェイとして使用されているルータが予期せずメモリコラプションによって再起動することがあります。

この問題が発生した場合は再起動する前に典型的にはメモリコラプションが発生したことを示す以下のようなメッセージが出力されます。

%SYS-3-BADMAGIC: Corrupt block at 4CEB79B0 (magic DC5678BB)

%SYS-2-FREEFREE: Attempted to free unassigned memory at 7F4C36BE60B8, alloc AF8A7B, dealloc AF8D65

%SYS-6-MEMDUMP: 0x4CEB79B0: 0xDC5678BB 0x1AA0000 0x1B1 0x761330C
%SYS-6-MEMDUMP: 0x4CEB79C0: 0x4D275F3 0x4CEB8A20 0x4CEB795C 0x820
%SYS-6-MEMDUMP: 0x4CEB79D0: 0x0 0x534B09B 0x10001B8 0x2742B250

 

この問題はルータが処理するコール数が比較的多くルータに負荷がかかる場合に発生しやすくなることが報告されています。

原因

この問題はCSCuh57439 として報告されています。

解決策

不具合の暫定回避策 :

なし

改修版ソフトウェア :

CSCuh57439の問題が改修されたソフトウェアを使用して下さい。

 

備考 本不具合は、Bug Search Tool でも確認できます。

49
閲覧回数
0
いいね!
0
コメント