シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

マルチリンク PPP 使用時での MTU サイズ変更の注意

2009 年 6 月 15 日(初版)

TAC SR Collection
主な問題

IP Sec や L2TP などオーバーヘッドが付加されるプロトコル使用時は、パケットが MTU サイズを超えて IP  レベルでのフラグメントが発生することがあります。このような場合、フラグメントを避けるため、リンクの MTU サイズを大きくする事があります。

これらの機能をマルチリンク PPP 上で使用した場合、MTU サイズを大きくすると通信が出来ない事象が発生します。LCP(Link  control protoco)の Negotiation phase にて  MRRU(Max-Receive-Reconstructed-Unit)値が、1524 バイトと固定されているため、それ以上の PPP  フレームを受信した場合、全て廃棄してしまうためです。

上記の理由から、IP Sec、L2TP をマルチリンク PPP 上で使用する場合は、IP レベルでのフラグメントは避けられません。

回避策

IP レベルでのフラグメントは避けられませんが、マルチリンク PPP での Chop を避ける事により、パフォーマンスの向上を得る事が出来ます。

フラグメント ディレイを使用して chop を避ける方法:

Command: ppp multilink fragment-delay [msec]

Chop サイズは下記の式より算出します。フラグメント ディレイにより変更可能です。

フラグメント サイズ =(各リンクの最小)Bandwidth x Delay / 8

例:
ISDN 上でのマルチリンク PPP において、ディレイを 200 [msec] とすると、フラグメント サイズ =  64 x 200 / 8 = 1600 バイトとなり、理論上、1600 バイト以下のパケットは Chop されない。(IP レベルのフラグメントはマルチリンク  PPP の処理以前に行われます。)

備考

掲載元 : TechNews 2001 年 12 月号 No.0112-HA-0001

766
閲覧回数
0
いいね!
0
コメント