キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

再起動後に経路が想定外のメトリック値で再配信される

2016年1月15日(初版)

TAC SR Collection
主な問題

RIP, OSPF, BGP の redistribute コマンドで、メトリック値にゼロを指定した場合に、
metric 0 の部分が running-config や startup-config 上に表示されない不具合が報告されています。

この不具合の為、metric 0 の redistribute コマンドを設定した後にルータの再起動を行うと
設定を startup-config から読み込むときに metric 指定無しのredistribute コマンドとして
認識され、再配信される経路にデフォルトのメトリック値が適用されます。

発生例

投入するコンフィグ

Router(config)#router ospf 1
Router(config-router)#redistribute connected metric 0 subnets

running-config/startup-config 上の表示

Router#sh running-config | section router ospf 1
router ospf 1
redistribute connected subnets
原因

この問題は CSCuj52149 として報告されています。

CSCuj52149 は RIPの不具合のように記載されていますが、OSPF, BGPでも事象が発生します。

解決策

この問題は、redistribute コマンドにゼロ以外のメトリックを指定することで回避可能です。

恒久対策としては CSCuj52149 の問題が改修されている 15.2(1)T以降のソフトウェアをご利用ください。

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎01-15-2016 07:38 PM
更新者:
 
ラベル(1)
タグ(1)