キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

ASR1000/CISCO7200/CISCO7600各シリーズルータでRSVP使用時に再起動が発生する

2013年4月19日(初版)

TAC SR Collection
主な問題

ASR1000、CISCO7200、CISCO7600 の各シリーズルータで MPLS TE トンネルのシグナリングに RSVP を使用していると再起動することがあります。

特に ASR1000シリーズルータでは RP, CISCO7600シリーズルータでは Supervisor、または RSP がそれぞれ再起動します。

また、再起動しない場合でも以下のようなトレースバックを伴ったスプリアスアクセスのメッセージが出力されることがあります。

%ALIGN-3-SPURIOUS: Spurious memory access made at 0xB97AF94  reading 0x90
%ALIGN-3-TRACE: -Traceback= 0xB97AF94 0x9767220 0x975EB20 0x975ECC4 0x9743C78 0x9767818 0x9767A30 0x975CDC0
原因

この問題はCSCta27728 として報告されています。

解決策

改修版ソフトウェア :

CSCta27728 の問題が改修されたソフトウェアを使用して下さい。

備考 本不具合は、Bug Search Tool でも確認できます。

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎04-19-2013 11:20 AM
更新者:
 
ラベル(1)
タグ(1)