キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

ASR1006ルータでIOSアップグレード時にスタンバイRPがクラッシュする

2012年12月05日(初版)

TAC SR Collection
主な問題

ASR1006 ルータにおいて、アクティブ RP が 15.S 系列で動作している場合、スタンバイ RP が

12.2XN 系列で起動するとスタンバイ RP がクラッシュを繰り返します。

また、SIP, ESP も再起動を繰り返し通信ができない状態になります。

この問題が発生している状況での show platform は以下のような出力になります。

------------------------------------------------

Router# show platform
Chassis type: ASR1006

Slot      Type                State                 Insert time (ago) 
--------- ------------------- --------------------- ----------------- 
0         ASR1000-SIP10       booting               00:39:06      
1         ASR1000-SIP10       booting               00:39:06      
2         ASR1000-SIP10       booting               00:39:06      
R0        ASR1000-RP1         ok, active            00:39:06      
R1                            booting               00:39:06      
F0        ASR1000-ESP10       booting               00:39:06      
F1        ASR1000-ESP10       booting               00:39:06      
P0        ASR1006-PWR-AC      ok                    00:38:43      
P1        ASR1006-PWR-AC      ok                    00:38:42    

------------------------------------------------

また、上記の状況で期待された動作はスタンバイ RP が disable となることです。

このような状況は IOS XE を 12.2XN 系列から 15.S 系列にアップグレードを行う際などに

起動させる 15.S 系のイメージがアクティブ側の bootflash 上にしか存在しない場合に発生しますので、スタンバイ側の bootflash: へ同じイメージをコピーすることも忘れず行なって下さい。

なお、12.2XN 系列と 15.S 系列が混在して動作することや、12.2XN 系列から 15.S 系列への ISSU はサポートしていません。

原因

この問題は CSCtk60078 として報告されています。

解決策

改修版ソフトウェア :

CSCtk60078 の問題が改修されたソフトウェアを使用して下さい。

備考 本不具合は、Bug Search Tool でも確認できます。

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎12-05-2012 01:53 AM
更新者:
 
ラベル(1)
タグ(1)