キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

ASR900 シリーズルータで iomd プロセスのメモリリークが発生する

2016年10月26日(初版)

TAC SR Collection
主な問題

ASR900 シリーズルータで iomd プロセスのメモリリークが発生します。
以下は事象発生時のログになります。

Router#show platform software process list R0  sort memory
Name                     Pid    PPid  Group Id  Status    Priority  Size
------------------------------------------------------------------------------
iomd                   29374   28857     29374  S               20  2195886080
linux_iosd-imag        21604   20155     21604  S               20  1278234624
cylon_mgr              27189   26073     27189  S               20  389713920

Router#show platform software memory iomd 0/0 brief
  module                  allocated     requested     allocs        frees
  ------------------------------------------------------------------------------
*** snip ***
  enqueue_oir_msg         689840064     344920032     100572444     57457440
  spa_xcvr_oir            689840092     344920052     100572445     57457440


show platform software memory iomd 0/0 brief で表示される enqueue_oir_msg と spa_xcvr_oir の allocs と frees の差分が時間経過とともに増大していき、その結果、iomd プロセスが保持するメモリサイズも時間経過とともに増大していきます。
allocs はメモリを割り当てた回数で、frees はメモリを解放した回数です。この例では、enqueue_oir_msg と spa_xcvr_oir に対し、それぞれ 100572444 回 と 100572445 回メモリを割り当てていますが、解放された回数はどちらも 57457440 回です。
allocs と frees の差分の回数だけメモリが解放されていないことになるため、enqueue_oir_msg は 100572444 - 57457440 = 43115004 回メモリを解放していなく、spa_xcvr_oir は 100572445 - 57457440 = 43115005 回メモリを解放していません。
原因

この問題は CSCux91894 として報告されています。
CSCux91894 の問題は、ASR902, ASR903, ASR907, ASR920 で以下の version を使用していれば、必ず発生します。

03.14.03.S / 15.5(1)S3
03.15.02.S / 15.5(2)S2
03.16.01.S / 15.5(3)S1
03.16.01a.S / 15.5(3)S1a
03.17.00.S / 15.6(1)S

上記以外の version であれば、CSCux91894 の問題は発生しません。

解決策

CSCux91894 の問題が改修されたソフトウェアを使用して下さい。

 

備考 本不具合は、Bug Search Tool でも確認できます。

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎10-26-2016 10:35 AM
更新者:
 
ラベル(1)