シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

Catalyst 12.1(19)EA1 における CDP プロセスのメモリリーク

2009年5月21日(初版)

TAC SR Collection

主な問題

Cisco IOS バージョン 12.1(19)EA1 ソフトウェアにて動作している Catalyst スイッチにおいて CDP  プロセスによりメモリリークが引き起こされる可能性があります。

発生条件:
1) この事象はCisco IOS バージョン 12.1(19)EA1 を稼動する Catalyst  スイッチにおいてのみ発生が確認されています。
2) この事象は 12.1(19)EA1 にて動作している Catalyst スイッチにおいて CDP  を稼動させている場合にのみ見られます。

事象:
1) 事象発生時においては 「show processes memory」コマンドにおいて「CDP  Protocol」というプロセスがメモリの領域を保持しています。事象が発生しているかどうかを判断するためには「show processes  memory」コマンドを数回打鍵して「CDP  Protocol」というプロセスにおいて「Holding」の値が増加しているか確認してください。

2) 事象が発生しますと Catalyst  スイッチに対する TELNET、ping が不可能になり、トラフィックが失われる恐れがあります。

機種

Catalyst 2940

Catalyst 2950

Catalyst 2950LRE

Catalyst 2955

Catalyst  2970

Catalyst 3550

Catalyst 3750

解決策

CSCec89172

この事象は、Catalyst スイッチにおいて CDP  を無効にする事で回避可能です。またスイッチのリロードによって復旧します。

備考

TechNews 2003 年 12 月号 No.0312-YA-00002

404
閲覧回数
0
いいね!
0
コメント