シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

Catalyst 3750 における、Auto MDIX 初期値の変更について

2009年5月21日(初版)

TAC SR Collection

主な問題

Catalyst 3750、Catalyst 2970 は、mdix auto インタフェース  コマンドを使って、10/100Base-T もしくは、10/100/1000Base-T インタフェースのクロスオーバー設定を自動認識(Auto-MDIX  機能)させることができます。

Auto-MDIX 機能を enable  にすると、そのインタフェースに接続されたメディアのタイプ(クロス/ストレート)を認識し、インタフェースのクロスオーバーを適切な方へ自動的に変更します。

コマンド例:

Auto-MDIX 機能を enable にする。
3750(config-if)#mdix auto


Auto-MDIX 機能を無効にする。
3750(config-if)#no mdix auto

12.1(14)EA1 で導入されたこの機能は、初期設定が無効でした。12.2(18)SE からは、初期値が enable に変更になります。

12.1(14)EA1〜12.1(20)EA1 までの IOS バージョン  をお使いの場合、デフォルト設定では適切なケーブルを使用しないと、他のスイッチやハブとの接続ができませんでした。また、初期値を変更しなければ、クロスケーブルを使用しない限りスイッチ、ハブなどの機器を多段接続することができませんでした。

これにより、管理者側がクロスケーブルをエンドユーザーに支給しないという方法でネットワーク機器の構成や接続状況をコントロールすることができました。

しかし、12.2(18)SE 以降の IOS バージョンを使用している場合、ストレートケーブルでも他のスイッチや、ハブを Catalyst  3750、Catalyst 2970 に接続する事が可能になります。場合によっては、管理者側が知らない内にハブの増設が発生し、LAN 環境で  Bridge-loop が構成される可能性があります。

Catalyst 3750 および Catalyst 2970 には、Bridge-loop を検出または、回避する機能がありますが、物理構成で Loop  が起きないように注意することが一番望ましいと考えられます。

備考

TechNews 2004 年 3 月号 No.0403-0008

4968
閲覧回数
0
いいね!
0
コメント