キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

Catalyst 3850/3650シリーズスイッチにてL2(ブリッジ)転送トラフィックが ACL よりドロップする

2016年1月22日(初版)

TAC SR Collection
主な問題

SVI の out 側に ACL を適用した際に、SVIが属する VLAN の L2(ブリッジ)転送トラフィックが ACL エントリにヒットし、ドロップしてしまう場合があります。

通常ではL2転送トラフィックを ACL に記載する必要はないため、暗黙の deny によりドロップされてしまう場合があります。

原因

この問題は CSCun68485 として報告されています。

解決策

L2転送トラフィックを明示的に許可する ACL のエントリを追加することで回避が可能です。

もしくは、CSCun68485 の不具合が改修されたソフトウェアを使用して下さい。

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎01-22-2016 04:08 PM
更新者:
 
ラベル(1)