シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

Catalyst4500シリーズにおいて、VSS Failover後、スタンバイスイッチから受信したARPが破棄される

2014年04月24日(初版)

TAC SR Collection
主な問題

VSS として動作する Catalsyt 4500 シリーズ スイッチで、VSS アクティブ スイッチ側でリンクアップしていたポートにおいて、VSS Failover で VSS スタンバイ スイッチとなった際に、当該ポートでARP の追加・更新が出来なくなることがあります。


IOS-XE 3.5.X が稼動する機器のみで発生します。
事象発生時は、物理ポートのDown/Upにより復旧できます。

原因

この問題は CSCum54357 として報告されています。

解決策

不具合の暫定回避策 :

以下のいずれかの回避策がございます。

①該当ポートにてIPDT Tracking機能を無効にする

(config-if)# nmsp attachment suppress
または、(config-if)#ip device tracking maximum 0

 

②Global configurationにてIPDT Tracking機能を無効

(config)#no macro auto monitor


改修版ソフトウェア :

CSCum54357が改修されたソフトウェアを使用して下さい

 

備考 本不具合は、Bug Search Tool でも確認できます。

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎04-24-2014 04:43 PM
更新者:
 
ラベル(1)
タグ(1)