シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

CISCOルータでコンソール接続中にクラッシュが発生する

2012年12月15日(初版)

TAC SR Collection
主な問題

CISCOルータのコンソールポートに PC を繋いで操作していると、トレースバックを伴う以下のようなメッセージが頻出し最終的にルータがクラッシュすることがあります。

------------------------------------------------------

%SYS-3-NOELEMENT: data_enqueue:Ran out of buffer elements for enqueue -Process= "<interrupt level>", ipl= 4, pid= 274,

%SYS-2-CHUNKBOUNDS: Could not find the sibling to allocate memory from. Chunk Packet Element, total free 79 inuse 619.

------------------------------------------------------

同様の状況はコンソールケーブルに不良がある場合にも発生することが報告されていますので、始めに接続状態に問題がないか確認したりケーブルの交換などで事象が解消するか確認して下さい。

また、この問題は操作する PC の機種によっては発生しないこともあります。

原因

この問題は CSCsj60426 として報告されています。

解決策

不具合の暫定回避策 :

telnet 経由での操作を行なって下さい。

新規の設置等でルータに設定がない場合は、コンソールからの操作が多少できれば以下のように telnet が可能な最低限の設定を追加して telnet での操作を行なって下さい。

------------------------------------------------------

Router#conf t

Router(config)#enable password cisco

Router(config)#line vty 0 4

Router(config)#password cisco

Router(config)#login

Router(config)#interface ethernet0/0

Router(config-if)#ip address 1.0.0.1 255.255.255.0

Router(config-if)#end

Router#

------------------------------------------------------

改修版ソフトウェア :

CSCsj60426の問題が改修されたソフトウェアを使用して下さい。

備考 本不具合は、Bug Search Tool でも確認できます。

  • タグ付けされた記事をさらに検索:
753
閲覧回数
0
いいね!
0
コメント