キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

CISCOルータでdebug ip packet が不要な出力内容を含む

2013年4月26日(初版)

TAC SR Collection
主な問題

CISCOルータにて、debug ip packet <ACL番号> を有効にしてパケットの様子を確認する際に、ACL で許可した以外の IP アドレスをもつパケットも debug の出力内容に含まれることがあります。

具体的には以下の条件に該当するものが ACL で許可されていなくても debug の出力に表示されることが報告されています。

  • 受信時に TTL=1 のパケット
  • インターフェイスに ip access-group が設定されている場合、その ACL でフィルタされるパケット

また、この問題は標準、拡張 ACL いずれを使用した場合でも発生します。

原因

この問題は CSCtx12810 として報告されています。

解決策

改修版ソフトウェア :

CSCtx12810 の問題が改修されたソフトウェアを使用して下さい。

備考 本不具合は、Bug Search Tool でも確認できます。

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎04-26-2013 05:59 AM
更新者:
 
ラベル(1)