シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

CISCOルータにおいて意図しないSDLCのトラップが出力される

2012年12月15日(初版)

TAC SR Collection
主な問題

CISCOルータにおいてシリアルインターフェイスを SDLC で encapsulation している場合、明示的に設定していない状態でも SDLC の状態変化を示すトラップが出力されることがあります。

一般的に、トラップの設定は snmp-server enable traps コマンドで行いますが、SDLC を含む一部の機能については以下のように snmp-server host コマンドで設定を行います。

--------------------------------

Router(config)#snmp-server host 1.1.1.1 traps version 2 community ?

  bgp                      Allow BGP state change traps

  bstun                    Allow bstun event traps

  (中略)

  sdlc                     Allow sdlc event traps

  (後略)

--------------------------------

snmp-server host コマンドで以下のように特にオプションを指定していない場合は、SDLC の状態変化を表すトラップもこれらのオプションに含まれており有効となるため、明示的な設定がない場合でもトラップが出力されます。

--------------------------------

snmp-server host 1.1.1.1 community

--------------------------------

解決策

この動作はオプションの設定によるもので不具合ではありません。

以下のように明示的に何かのオプションを設定すれば、それ以外のトラップを無効にすることができます。

--------------------------------

Router(config)#snmp-server host 1.1.1.1 traps version 2 community bgp

--------------------------------

この例では bgp としましたが、bgp を使用していない場合でもこの回避策は有効です。

  • タグ付けされた記事をさらに検索:
470
閲覧回数
0
いいね!
0
コメント