シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

Cisco ルータでのフラッシュのフォーマットおよび消去方法

2008 年 1 月 25 日(初版)

TAC SR Collection
主な問題

新しいフラッシュ メモリ カードを使用する前には、フォーマットする必要があります。ルータで稼働中のファイルシステムの種類に応じて、フラッシュ メモリのフォーマットと消去には異なるコマンドが必要です。クラス A およびクラス C ファイルシステムでは format コマンドを発行します。クラス B ファイルシステムでは erase コマンドを発行します。

次のものがクラス A ファイルシステムになります。

  • LightStream 1010および Catalyst 5000 / 5500の ATM スイッチおよびプロセッサ
  • LightStream 1010の Multiservice Switch Route Processor(MSRP; マルチサービス スイッチ ルート プロセッサ)
  • Catalyst 5000および5500 Route Switch Module(RSM; ルート スイッチ モジュール)
  • Catalyst 8500 Switch Route Processor(SRP; スイッチ ルート プロセッサ)
  • Cisco 6400 Universal Access Concentrator(UAC; ユニバーサル アクセス コンセントレータ)
  • Cisco 7000 Route Switch Processor(RSP; ルート スイッチ プロセッサ)
  • Cisco 7500シリーズ RSP(RSP 2、RSP 4、RSP 8)
  • Cisco 12000シリーズ インターネット ルータ
次のものがクラス B ファイルシステムになります。
  • Cisco 1000シリーズ ルータ
  • Cisco 1600シリーズ ルータ:1600シリーズ ルータには、フラッシュ メモリが搭載された PC カードが1枚付属しています。1601〜1604は、フラッシュから稼働されます。ルータの稼働中に PC カードを取り外すと、ルータが停止します。1601R 〜1605R は、RAM から稼働されます。PC カードを取り外すと、ルータは次回のブートアップ時に Cisco IOS(R)ソフトウェア イメージをロードできません。1600シリーズでは、実行中のイメージ ファイルまたはその他のすべてのファイルは、別のパーティションに存在する場合以外には削除できません。
  • Cisco3600シリーズ ルータ:従来、3600シリーズ ルータでは、クラス B のファイルシステムが使用されています。ところが、Cisco IOS ソフトウェア バージョン 12.2(4)T でクラッシュ情報ファイルのサポートが追加されたことに伴い、3600では個々のファイルを削除する機能が必要となっています。その結果、Cisco IOS ソフトウェア バージョン 12.2T 以降がインストールされた3600シリーズ ルータでは、クラス B ファイルシステムのコマンドに加えて、クラス C ファイルシステムのコマンドも使用できます。Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.2T がインストールされた3600で、クラス C ファイルシステム コマンドを有効にするには、erase コマンドを発行してフラッシュ ファイルシステムからすべてのファイルを完全に削除します。フラッシュが空になったら、フラッシュに対して squeeze コマンドを発行して、スクイーズ ログを作成します。この時点で、3600フラッシュ システムではクラス C ファイルシステムと同様にdeletesqueeze コマンドが発行されます。
次のものがクラス C ファイルシステムになります。
  • AS5800 Dial Shelf Controller(DSC; ダイヤル シェルフ コントローラ)
  • Catalyst 5000および5500スーパーバイザ III モジュール
  • Catalyst 6000および6500スーパーバイザ エンジン I
  • Catalyst 6000および6500スーパーバイザ エンジン II
  • Cisco 7000ルート プロセッサ
  • Cisco 7100シリーズ ルータ
  • Cisco uBR7100シリーズ ルータ
  • Cisco 7200シリーズ ネットワーク処理エンジン
  • Cisco uBR7200シリーズ ルータ
  • Cisco 7200VXR シリーズ ネットワーク サービス エンジン1
  • Cisco 7600シリーズ インターネット ルータ
  • Cisco 10000シリーズ ルータ(Edge Services Router(ESR; エッジ サービス ルータ))
  • Cisco uBR10000シリーズ ルータ

解決策

以前にクラス B フラッシュ ファイルシステムでフォーマットされていたコンパクト フラッシュ メモリ カードからファイルを削除するには、次のいずれかの手順を実行します。

  • 外部コンパクト フラッシュ メモリ カードの場合、erase slot0: コマンドを発行します。
  • 内部コンパクト フラッシュ メモリ カードの場合、erase flash: コマンドを発行します。
クラス B フラッシュ ファイルシステムを搭載した外部コンパクト フラッシュ メモリ カードをフォーマットするには、次のサンプル出力を参照してください。Router# erase slot0:Erasing the slot0 filesystem will remove all files! Continue? [confirm]
Current DOS File System flash card in slot0: will be formatted into Low
End File System flash card! Continue? [confirm]
Erasing device...
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
...erased
Erase of slot0: complete
以前にクラス A またはクラス C フラッシュ ファイルシステムでフォーマットされていたコンパクト フラッシュ メモリ カードからファイルを削除するには、次のいずれかの手順を実行します。
  • 外部コンパクト フラッシュ メモリ カードの場合、format slot0: コマンドを発行します。
  • 内部コンパクト フラッシュ メモリ カードの場合、format flash: コマンドを発行します。

クラス A またはクラス C フラッシュ ファイルシステムを搭載した内部コンパクト フラッシュ メモリ カードをフォーマットするには、次のサンプル出力を参照してください。

Router# format flash:

Format operation may take a while. Continue? [confirm]
Format operation will destroy all data in "flash:". Continue? [confirm]
Enter volume ID (up to 64 chars)[default flash]:
Current Low End File System flash card in flash will be formatted into DOS
File System flash card! Continue? [confirm]
Format:Drive communication & 1st Sector Write OK...
Writing Monlib sectors ...................................................................
Monlib write complete
..
Format:All system sectors written. OK...

Format:Total sectors in formatted partition:250592
Format:Total bytes in formatted partition:128303104
Format:Operation completed successfully.

Format of flash complete

詳細は『PCMCIA ファイル システムの互換性マトリクスとファイル システム情報』を参照してください。

備考

英語版URL

https://supportforums.cisco.com/docs/DOC-4250

4071
閲覧回数
0
いいね!
0
コメント