シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

Cisco 7600 シリーズルータにて carrier-delay の設定後に設定を保存すると Warning メッセージが出力される場合がある

2013年04月18日(初版)

TAC SR Collection
主な問題

Cisco 7600 シリーズルータにて carrier-delay の設定後に設定を保存すると Warning メッセージが出力される場合があります。

以下に問題発生時のログを示します。

Router(config)#interface GigabitEthernet 1/1

Router(config-if)#carrier-delay 2

Router(config-if)#end

Router#write

Building configuration...

Warning: Overriding existing carrier delay value to 0

この問題の発生条件は 0(default値)以外の値を carrier-delay コマンドで設定することです。

本来、このメッセージはCCD(Conventional Carrier Delay)の設定をした状態で、ACD(Asymmetric Carrier Delay)の設定を行うと、出力されるメッセージです。

以下に本来メッセージが出力されるような状況を示します。

CCDの設定を行った後に、ACDの設定を行うと Warning メッセージが出力されていることがわかります。

Router(config-if)#carrier-delay 2 ←CCDの設定を行う。

Router(config-if)#carrier-delay up 2 ←ACDの設定を行う。

Warning: Overriding existing carrier delay value to 0

なお、CCDは以下のような設定を指します。

-----

Router(config-if)#carrier-delay 2

-----

この設定の場合、Link up 前と Link down 前の両方に2秒間の delay 発生し、その後に Link up または Link down します。

ACDは以下のように、Link up 時と Link down 時、それぞれ別々に delay の 設定を行うこと指します。

-----

Router(config-if)#carrier-delay up 2

Router(config-if)#carrier-delay down 3

-----

この設定の場合、Link up 前に2秒間の delay が発生し、Link down 前に3秒間の delay が発生します。

原因

この問題は CSCsv70157 として報告されています。

解決策

不具合の暫定回避策 :

なし。ただし CSCsv70157 は表示上の問題であり他の機能への影響はありません。

改修版ソフトウェア :

CSCsv70157 の問題が改修されたソフトウェアを使用して下さい。

備考 本不具合は、Bug Search Tool でも確認できます。

1094
閲覧回数
0
いいね!
0
コメント