シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

Cisco ASR 1000 シリーズ ルータにて module の交換後にも %CMRP_ENVMON-3-TEMP_WARN_CRITICAL: WARNING: のメッセージが出力される。

2012年07月06日(初版)

TAC SR Collection
主な問題

前提として、Cisco ASR 1000 シリーズ ルータの module  のH/Wの不良等で、%CMRP_ENVMON-3-TEMP_WARN_CRITICAL: というメッセージが出力されている状況とします。

そのような状況の場合 module の交換後にも %CMRP_ENVMON-3-TEMP_WARN_CRITICAL:  のメッセージが出力される場合があります。

原因

この問題は CSCtw82860 として報告されています。

CSCtw82860 の問題は RP、ESP、SIP  などの交換前の温度センサーの値を交換後も、一定時間の間、交換前の温度センサーの値を保持してしまうため発生いたします。

解決策

改修版ソフトウェア :

CSCtw82860 の修正が適用されたソフトウェアを使用してください。

不具合の暫定回避策 :

module 交換後に数分程度経過すると新しい module  の温度センサーの値を取得するため自然に事象は解消されます。

備考

本不具合は、Bug Search Tool でも確認できます。

492
閲覧回数
0
いいね!
0
コメント