キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

Cisco Catalyst 3750 シリーズ スイッチにおいて1000BASE-T(GLC-T)SFP モジュールでサポートされている速度

2008年1月25日(初版)

TAC SR Collection

主な問題

1000BASE-T Small Form-Factor Pluggable(SFP;  着脱可能小型フォームファクタ)では、Cisco Catalyst 2970、3560、および 3750 シリーズ スイッチでのみ10 / 100 /  1000の速度をサポートできます。
また、ポートをより低い速度でオートネゴシエートするように設定することや、より遅い速度を強制することもできます。対象の  GLC-T= がスイッチで10 / 100の速度をサポートしているかどうかを確認するには、show interface capabilities コマンドを発行します。
show interface capabilities コマンドの出力では、GLC-T=  をより低い速度で実行できるかどうかを確認できます。出力には、設定可能な機能やオプションなど、指定のインターフェイスの機能も表示されます。
たとえば、SFP  ポートの速度を100Mbps にハードコードするには、次のコマンドを発行します。

Switch(config-if)#speed 100

詳細については、『Cisco Gigabit Ethernet Transceiver Modules Compatibility  Matrix』を参照してください。

備考

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎06-29-2012 04:27 PM
更新者:
 
ラベル(1)