シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

CISCO1900,2900シリーズルータで意図しないパケットドロップが発生する

2012年12月05日(初版)

TAC SR Collection
主な問題

CISCO1900、及び CISCO2951を除くCISCO2900 シリーズルータにおいて以下の条件を全て満たす場合、意図しないパケットドロップが発生することがあります。


  • インターフェイスの出力方向で QoS の設定を行なっている、
  • 使用している class-map に queue-limit を設定している、
  • queue-limit に大きい値を設定している、

パケットドロップは入力インターフェイスのignoredカウンタの上昇により確認することができます。

----------------------------------------
Router#show interfaces GigabitEthernet0/0
GigabitEthernet0/0 is up, line protocol is up
Hardware is CN Gigabit Ethernet, address is 0025.450e.d820 (bia 0025.450e.d820)
(中略)
Output queue: 0/40 (size/max)
30 second input rate 32077000 bits/sec, 2646 packets/sec
30 second output rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
247790 packets input, 375782500 bytes, 0 no buffer
Received 252 broadcasts, 0 runts, 0 giants, 0 throttles
0 input errors, 0 CRC, 0 frame, 0 overrun, 248082 ignored

----------------------------------------

なお、大きい値とはトラフィック量などの使用状況により異なりますが、default 値(64)以上であれば該当すると考えて下さい。

原因

この問題は CSCtj55834 として報告されています。

解決策

不具合の暫定回避策 :

queue-limit の値を小さくすることにより症状を軽減できます。

改修版ソフトウェア :

CSCtj55834 の問題が改修されたソフトウェアを使用して下さい。

備考 本不具合は、Bug Search Tool でも確認できます。

618
閲覧回数
0
いいね!
0
コメント