キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

CISCO3900Eシリーズルータでコンフィグ保存時にCPU使用率が高騰する。

2012年12月23日(初版)

TAC SR Collection
主な問題

CISCO3925E, 3945E ルータにおいて、write memory コマンドで NVRAM にコンフィグを保存する際に CPU 使用率が一時的に 100% 程度まで達します。

これは write memory 実行後に show process cpu history の出力が以下のようになることから確認できます。

c3945e#sh proc cpu hist

c3945e   09:09:27 AM Thursday Dec 6 2012 UTC

                        555559999966666

         1111111111     444449999900000

  100                        *****

   90                        *****

   80                        *****

   70                        *****

   60                        **********

   50                   ***************

   40                   ***************

   30                   ***************

   20                   ***************

   10                   ***************

     0....5....1....1....2....2....3....3....4....4....5....5....6

               0    5    0    5    0    5    0    5    0    5    0

               CPU% per second (last 60 seconds)

原因

この問題は CSCtb01619 として報告されています。

解決策

この動作は NVRAM として使用しているメモリの HW 制限によるものであり修正することは出来ません。

但し、設定の保存先を NVRAM でなくコンパクトフラッシュにすることで回避できます。

なお、コンパクトフラッシュに保存した設定を使用して起動する場合は以下の設定を追加する必要があります。

3945e# copy running-config flash:startup-config

3945e#

3945e#conf t

3945e(config)# boot config flash0:startup-config

3945e(config)# exit

3945e# write memory

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎12-23-2012 12:29 AM
更新者:
 
ラベル(1)
タグ(1)