キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

CISCO3925E/K9 もしくは CISCO3945E/K9 を使用時に、CPU Core の温度値がしきい値を超えていないように見える WARNING が出力される

2014年10月23日(初版)

TAC SR Collection
主な問題

CISCO3925E/K9 もしくは CISCO3945E/K9 を使用している環境で、CPU Core の温度値がしきい値を超えていないように見える WARNING メッセージが出力されます。
具体的には以下のようなメッセージが出力されます。

%ENVMON-1-CPU_CORE_WARNING_OVERTEMP: Warning: CPU core is very hot value = 4. It exceeds threshold 20. Please resolve system cooling immediately to prevent system damage.

このメッセージの例では value 4, threshold 20  となっており、現在値(4)はしきい値(20)を超えていないように見えますが WARNING が出力されています。

原因

上記メッセージ内の value と threshold は実際の温度とは異なる基準値を元に算出されているため、しきい値を超えていないにも関わらず、メッセージが出力されているように見えます。実際には温度のしきい値を超えています。
実際の温度と温度のしきい値は上記メッセージ内の value と threshold を使用して以下のように計算されます。

実際の温度 = 101 - メッセージ内の value
温度のしきい値 = 101 - メッセージ内の threshold
 

そのため上記の例では、実際の温度は 97℃(101-4) であり、温度のしきい値は 81℃(101-20) です。
実際の温度(97℃)が温度のしきい値(81度)を超えているためメッセージが出力されています。
そのため誤ってメッセージが出力されている訳ではありません。
なお、CPU Core に関して実際の温度ではない値をメッセージ内に表示することは CISCO3925E/K9 と CISCO3945E/K9 の実装です。

上記のメッセージが出力されている場合、以下のようなことが想定されます。

1. FAN周辺に閉塞物等があり、エアフローが塞がれている。
2. 室内の温度が上昇している。
3. FANのH/W不良
4. CPUやCPU周辺などの機器本体のH/W不良

メッセージが出力され続ける場合は必要に応じて機器交換を行ってください。

 

備考 本不具合は、Bug Search Tool でも確認できます。

 

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎10-23-2014 01:55 PM
更新者:
 
ラベル(1)