シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

CLI を使用した、Catalyst 3750 シリーズ スイッチ スタックのアップグレード方法(.bin イメージ)

2008年1月25日(初版)

TAC SR Collection

主な問題

Catalyst 3750 スイッチ スタックは、Web デバイス マネージャまたは CLI のいずれかを使用して管理できます。CLI を使用してスイッチを管理する場合は、.tar イメージは不要です。

次に示す手順では、Catalyst 3750 スイッチ スタックで新しい IOS(R) をコピーおよびアップグレードする方法について説明しており、Catalyst 3750 スイッチ スタックの IOS イメージが設定済みであることが前提となっています。Catalyst 3750 スイッチ スタックには2台のスイッチがあり、IOS イメージは TFTP サーバにあります。

次の手順を実行します。

1..bin イメージをダウンロードします。これは Download Software ページからダウンロードできます。

2.使用可能なメモリを確認します。両方のスイッチに対してそれぞれ dir flash1: および dir flash2: コマンドを使用して、個別にフラッシュ ファイル システムで使用可能なメモリを確認できます。

3.それぞれ copy tftp: flash1: および copy tftp: flash2: コマンドを使用して、イメージをフラッシュ ファイル システムをコピーします。

4.boot system switch all flash:/image_name.bin コマンドを使用してブート変数を設定します。

5.リロードする前に、 show boot、dir flash1:、および dir flash2: コマンドを使用してブート変数を確認します。

6.reload コマンドを使用してスタックをリロードし、show version コマンドを使用して確認します。

詳細については、『コマンドライン インターフェイスを使用した、スタック構成の Catalyst 3750 のソフトウェア アップグレード』の「CLI を使用した、3750 シリーズ スイッチ スタックのアップグレード」セクションを参照してください。

3550 スイッチのアップグレード方法については、『コマンドライン インターフェイスを使用した Catalyst 3550 シリーズ スイッチでのソフトウェア イメージのアップグレード』の「IOS イメージ(.bin ファイル)だけを使用した 3550 でのステップごとの手順」セクションを参照してください。

英語版URL

https://supportforums.cisco.com/docs/DOC-4231

備考

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎06-29-2012 04:04 PM
更新者:
 
ラベル(1)