シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

HSRP standby ルータが Virtual MAC あてのパケットを処理してしまう .

2009 年 6 月 24 日(初版)

TAC SR Collection
主な問題

HSRP state が Active から Standby になった場合、通常そのルータは Virtual MAC  あてのパケットがきた場合でもフォワーディングなどの処理を行いません。

しかしながら、Standby ルータが Virtual MAC あてのパケットを処理してしまう事象が確認されています。

この不具合は、HSRP active となった際に enable にセットした promiscuous mode が HSRP standby  となった場合に、disable にセットされず enable のままになってしまうという不具合です。(promiscuous mode が enable  の場合は Virtual MAC あてのパケットを処理します。)

発生条件:
Active から Standby となった場合のみ発生し、interface up 後など  Active にならずに Standby となった場合には発生しません。

CSCef50713 のタイトルに AM79c971 とありますが、具体的には、Cisco 2600/3600 シリーズなどの Fast Ethernet interface のうち AMD のチップを使用しているもので発生します。(show controller で "Hardware is AMD" から始まる Am79c971、Am79c972、Am79c977などのチップが該当します。)

show controller 出力例

-----------------------------------------
Interface  FastEthernet0/0
Hardware is AMD  Am79c977
-----------------------------------------

HSRP ルータ間をハブなどで接続している場合など、Virtual MAC あてのパケットが standby  ルータに到達しうる場合、この不具合により予期せぬパケットの重複や異常なトレース結果が発生する可能性があります。


解決策

CSCef50713: chip AM79c971 stays in promiscuous mode after HSRP goes standby

本問題は、CSCef50713 として報告されており、修正が行われています。

備考

掲載元 : TechNews 2005 年 3 月号 No.0503-0004

  • タグ付けされた記事をさらに検索:
519
閲覧回数
0
いいね!
0
コメント