シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

IP Services Engine (ISE)POS ラインカード(Engine 3)において PSE/NSE がカウントアップする

2009 年 6 月 12 日(初版)

TAC SR Collection
主な問題

同一ラインカード上でクロックソースラインおよびインターナルに設定されたポートが混在する場合、対向装置にて NSE/PSE  がカウントアップします。

対象製品:
複数ポートを持つ ISE POS ラインカード(Engine 3)および、ISE チャネライズド  POS ラインカード(Engine 3)が対象となります。

4OC12X/POS-I-SC-B
16OC3X/POS-I-LC-B
16OC3X/POS-M-MJ-B
8OC3X/POS-IR-LC-B
8OC3X/POS-MM-MJ-B
4OC3X/POS-IR-LC-B
4OC3X/POS-MM-MJ-B
4OC3X/POS-LR-LC-B
4CHOC12/DS3-I-SCB

発生条件:
ISE POS ラインカードには POS line clock  とは別にもう一つのクロックが稼動しています。これは SYSCLOCK と呼ばれ、主に SPE の生成に使用されます。そのため、SYSCLOCK  と回線側のクロック、2つの設定に留意する必要があります。

クロックソースをインターナルにした場合、自身が持つローカルクロックを利用して回線ロックおよび SYSCLOCK  を制御します。

クロックソースを回線にした場合、回線ロックは(その他の POS インターフェースと同様)、Rx  ポートから得たクロックタイミングを利用します。一方、SYSCLOCK  はカード上のいずれかのポートをクロックのマスターとして設定する必要があります。設定方法は、下記の「推奨設定」を参照してください。

上記のように、クロックソースにより動作が異なるため、同一カード上でクロックソース インターナル/回線が混在する場合、対向装置にて NSE/PSE  が検出されます。

これは SYSCLOCK と同期していないどちらかのポートでポインタ調整を行うためです。

回避策

本事象は、実装制限による期待される動作となります。

POS インターフェイスにおける PSE エラーおよび NSE  エラーのトラブルシューティングにありますように、NSE および PSE のレートが最大許容範囲内であれば、動作上、影響を及ぼす事はありません。ISE  POS ラインカードのローカルクロックは、Stratum 3 となりますので、59.6 スタッフ/sec が最大レートとなります。

上記最大レートを超えた場合におきましては、通常どおりの POS インターフェースにおけるトラブルシューティング手順にて対応してください。

推奨設定:
クロックソースが混在していない環境下おきましても、PSE/NSE  が発生することが考えられます。予期せぬ動作を防止するため、以下の設定を推奨します。

  • ローカルクロックを使用する場合(デフォルト)

    controller SYSCLOCK
    clock redundancy mode manual  internal

  • 回線クロックを使用する場合

    controller SYSCLOCK
    clock redundancy mode [auto revertive |  auto non-revertive]
    clock source primary (defalut 0)
    clock source  secondary (defalut 1)

コマンドに関する詳細は、コマンドリファレンスを参照してください。

備考

掲載元 : TechNews 2004 年 10 月号 No.0410-0002

  • タグ付けされた記事をさらに検索:
313
閲覧回数
0
いいね!
0
コメント