シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

IPSec使用時にメモリリークが発生することがある。

2012年08月13日(初版)

TAC SR Collection
主な問題

IPSec tunnel使用時にIPSEC KEY Engineプロセス、及び、IPSec backgroundプロセスにおいてメモリリークが発生することがあります。

事象発生時にはshow process memory (sorted)を確認すると以下のようにそれぞれのプロセスに対するHoldingの値が起動直後と比較して大幅に増加していることから分かります。

ルータの起動直後

--------------------------------------------------------------------------------

ASR1000##show process memory sorted

Processor Pool Total: 1737484664 Used:  582639268 Free: 1154845396

lsmpi_io  Pool Total:    6295088 Used:    6294116 Free:        972

PID TTY  Allocated      Freed    Holding    Getbufs    Retbufs Process

    (中略)

357   0   59806636   31259040   13294636      94164          0 IPSEC key engine

    (中略)

360   0   22925764   38092900    4392820     145860          0 IPSec background

--------------------------------------------------------------------------------

事象発生中

--------------------------------------------------------------------------------

ASR1000##show process memory sorted

Processor Pool Total: 1737484664 Used: 1312747828 Free:  424736836

lsmpi_io  Pool Total:    6295088 Used:    6294116 Free:        972

PID TTY  Allocated      Freed    Holding    Getbufs    Retbufs Process

357   0 3474528348 1792392632  587999876     828404          0 IPSEC key engine

360   0  919107576 2395084552  125366568     311220          0 IPSec background

--------------------------------------------------------------------------------

原因

この問題はCSCts14799として報告されています。

IPSec SAの削除、またはrekeyのタイミングで、そのSAに関連した使用済みのメモリ領域が開放されないことが原因です。IPSec SAのlifetimeを増やす等、rekeyの発生を抑制することで症状を緩和することができます。

解決策

改修版ソフトウェア :

CSCts14799が改修されたソフトウェアを使用して下さい。

不具合の暫定回避策 :

ルータの再起動を行って下さい。

備考

本不具合は、Bug Search Tool でも確認できます。

1235
閲覧回数
0
いいね!
0
コメント