シスコサポートコミュニティ
キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

ISR-G2 console-server の dial-in user におけるコンソール アクセスの表示不具合

2012 年 5 月 17 日(初版)

TAC SR Collection
主な問題

ISR-G2 に搭載された WIC-1AM 等のモデムカードにダイアルインでログイン後、ISR-G2 に搭載された HWIC-16A 等を通して接続されたルータのコンソールにログインした場合、

(1) 「Password: プロンプトが表示されない」

(2) 「表示途中の --More-- が表示されない」

など、適切に表示されない問題があります。

ただし、

(1) の場合、Password を入力してログインは可能です。

(2) の場合、Space キーで続きを表示させることは可能です。

PC ---(ダイヤルイン)---> WIC-1AM[ISR-G2]HWIC-16A --- コンソールポート[ルータ]

これは、ISR-G2 -> PC 方向の最後の 1 パケットが、WIC-1AM の Async-port で Hold されてしまうことが原因です。そのため、表示文字列の最終部分の 1 パケット分の表示が不足してしまう事象です。

解決策

この問題の workaround は、Space キーか Enter キーを余分に入力することです。これにより、その single  character の echo back パケットが ISR-G2 -> PC 方向の最後の 1 パケットとなりますので、Hold  されていた文字列パケットが押し出されて、表示の不足部分が表示されます。

ISR-G2 console-server に、LAN 経由の Telnet でログインの場合には、この問題はありません。

PC ----(LAN)----> GigaEther[ISR-G2]HWIC-16A --- コンソールポート[ルータ]

この問題の修正は、CSCto42306 における Async 関連の不具合修正に含まれております。

したがいまして、対策としては CSCto42306 の修正が適用されたソフトウェアをご使用ください。

この問題は、次の構成で再現可能です。

[1841a] c1841-advipservicesk9-mz.124-20.T3

WIC/HWIC Slot0: WIC-1AM-V2

|

(PSTN/Simulator)

|

WIC Slot1: WIC-1AM-V2

[UUT/2911a] c2900-universalk9-mz.SPA.150-1.M4

WIC Slot0: HWIC-16A

|

console-cable: CAB-HD8-ASYNC

P0

|

console-port

[2811a]any IOS

================

再現手順

================

1841aのコンソールで以下を操作。

1841a#10.1.1.1 2002 <-- モデムカードにリバース Telnet
Trying 10.1.1.1, 2002 ... Open
ATDT1102            <-- 電話番号 1102 の 2911a にダイアルイン
CONNECT 115200/V34/LAPM/V44/33600:TX/33600:RX
User Access Verification
Password:           <-- cisco
2911a>              <-- 2911a にログイン 成功
2911a>en
Password:           <-- cisco
2911a#
2911a#10.1.1.1 2003
Trying 10.1.1.1, 2003 ... Open
2811a#              <-- 2811a のコンソール操作、表示で事象再現

================ 

パケットモニター

================

2911a のコンソールで、2911a -> 1841a のパケットをモニター。

上記、1841a のコンソールからの 2811a のコンソール操作との比較で、2911a からの表示出力の最終部分が常に 1841a に届かない事象が確認できます。終了は、Ctrl + Shift + 6、x キーです。

2911a#moni traff line 19 out cont
Monitoring outbound traffic on line 0/1/0. Type ^^x to end.
^M
^J
^M
^J
User Access Verification^M
^J
^M
^J
Password: ^M
^J
2911a>en^M
^J
Password: ^M
^J
2911a#10.1.1.1 2004^M
^J
Trying 10.1.1.1, 2004 ... Open^M
^J
^M
^J
2811a#^M
^J
2811a#

================

1841a config

================

hostname 1841a
!
interface Loopback0
ip address 10.1.1.1 255.255.255.255
!
interface Async0/0/0
no ip address
encapsulation slip
dialer in-band
dialer pool-member 1
async mode interactive
!
line 0/0/0
exec-timeout 0 0
privilege level 15
modem InOut
modem autoconfigure type default
transport input all
transport output all
stopbits 1
speed 115200
flowcontrol hardware

================

2911a config

================

hostname 2911a
!
enable password cisco
!
interface Loopback1
ip address 10.1.1.1 255.255.255.255
!
interface Async0/1/0
no ip address
encapsulation slip
!
interface Group-Async0
no ip address
encapsulation slip
group-range 0/0/0 0/0/15
!
line 0/0/0 0/0/15
access-class 196 in
exec-timeout 0 0
no exec
transport preferred none
transport input all
transport output all
line 0/1/0
exec-timeout 5 0
password cisco
login
modem InOut
exec prompt timestamp
transport input all
transport output telnet
stopbits 1
speed 115200
!

================

2811a config

================

hostname 2811a
!
enable password cisco
!
line con 0
exec-timeout 0 0
privilege level 15
logging synchronous
exec prompt timestamp
stopbits 1

備考

523
閲覧回数
0
いいね!
0
コメント