キャンセル
次の結果を表示 
次の代わりに検索 
もしかして: 

ISR G2 Router オンボード Interface にて QoS 使用時にパケット送出不可となる

2013年04月18日(初版)

TAC SR Collection
主な問題

一 部のISR G2 Router にて、オンボードの GigabitEthernet interface にて Output 方向の QoS  を使用している場合、該当 Interface からの Packet Output  ができなくなることがございます。また事象発生のタイミングにて、以下のメッセージ出力が見られることが報告されております。

   %ALIGN-3-SPURIOUS: Spurious memory access made at 0xXXXXXXXX reading 0x0

   %ALIGN-3-TRACE: -Traceback= 0xXXXXXXXX ...

また問題が発生した場合、show interface にて下記のように output drops 並びに Output queue drops がカウントされることも報告されております。

   Total output drops: 25185

   Output queue: 331/1000/25184 (size/max total/drops)

事象が発生した場合の暫定的な改善策としては、該当 Interface の shutdown/no shutdown の実施、または Router 再起動 が報告されております。

原因

この問題は、CSCtw78539 として報告されております。

解決策

改修版ソフトウェア:

CSCtw78539 の問題が改修されたソフトウェアを使用してください。

備考 これらの不具合情報は、Bug Search Tool でも確認できます。

バージョン履歴
改訂番号
1/1
最終更新:
‎04-18-2013 09:16 AM
更新者:
 
ラベル(1)
タグ(2)